寂しい気持ちに、肉体・精神の両面からアプローチする有効な対処法について

はじめに

 

 

 

 

 

あなたは現在、寂しい状態にいるとします。

 

 

 

そうしたときには、あなたはどうするでしょう?

 

 

 

おそらくは、寝込むか泣くか等、対処療法的な仕方で、「寂しさ」という嵐が過ぎ去るのを、待つことでしょう。

 

 

 

ところが私は、これまで何十年と精神を病み、その都度、優秀なお医者さんから、落ち込んだときの対処法を学んできました。

 

 

 

また私自身も、そうしたことは自分でさんざん研究してきました。

 

 

 

そこでの発見は、「寂しい人」というのは例外なく、心身ともに冷え込んでいるということです。

 

 

 

よってここでは、あなたが大きな寂しさに襲われたときに有効な、精神・肉体両面からアプローチできる「ココロの温め方」を、ご紹介します。(*^^*)

 

 

 

 

第一章「寂しい気持ち」へのアプローチ。入浴と食事

 

 

 

私は「はじめに」で、「寂しい人は、ココロが冷え込んでいる」と申しました。

 

 

 

この場合、「冷え込んでいる」というのは、比喩ではないのです。

 

 

 

実際に物理的、肉体的にも、その人は冷えているのです。

 

 

 

これはどういうことかと申せば、まず「ココロの冷え」をもたらすものに、不安や孤独感や緊張などがあります。

 

 

 

それで、ココロがそういったものに襲われると、本当に体温が下がり、カラダまで冷えてしまうのです。

 

 

 

この点については、私が現在でもお世話になっているクリニックで、教わったことです。

 

 

ここを、具体的に述べます。

 

 

 

人は不安、孤独、緊張、うつ状態などに陥ると、自律神経のバランスが乱れ、その結果、血行が悪くなります。

 

 

 

すると体温が低下して、心身ともに冷えていくのです。

 

 

 

さらに悪いことに、精神も突きつめれば、「」という肉体器官の活動です。

 

 

 

ならば、ココロが冷えればカラダも冷え込み、またカラダが冷えれば、ココロが冷え込むという、相互関係が成り立つことになります。

 

 

 

そのように精神と肉体は、二つで一つという関係性でできています。

 

 

 

ですから、どちらかになんらかのダメージやストレスが加わっても、もう片方にはその影響が表れないということは、基本的にはありえないのです。

 

 

 

ここを、例を挙げて述べます。

 

 

 

うつ病の人は、ココロが冷えているため、ほぼ例外なく低体温です。

 

 

 

重篤なうつ状態にありながら、平熱がつねに36度8分あるという人は、ほとんどいません。

 

 

 

ですがここにはある意味で、孤独により冷え込んだココロを、温めるヒントがあります。

 

 

つまり、ココロとカラダが原則として一体ならば、カラダを温めることにより体温を上昇させればいいのです。

 

 

 

そうすればその結果として、冷えたココロを元に戻してやれるということです。

 

 

 

私はクリニックでそのことを教わって以来、精神の具合がすぐれないときには、肉体を温めることで、調子を整えるようにしています。

 

 

 

この点を、具体的に述べます。

 

 

 

 

第二章 寂しさを、心身を温めることでしのぐ方法

 

1.ぬるま湯に長時間入る

 

 

可能ならば、36~37度くらいの温度のお風呂に、2時間くらい浸かります。

 

 

それが厳しいのであれば、37~40度くらいのお湯で、30~40分ほど半身浴をしましょう。

 

湯温の上限は、40度くらいまでにしてください。

 

 

 

あまり熱いお湯ですと、カラダの表面だけが火照り、カラダの芯まで温まらない場合があります。

 

 

 

さらにその場合、自律神経のうちの一つ、交感神経が興奮してしまい、かえって血行が悪くなることもあります。

 

 

 

とかくゆっくりと、ぬるま湯に浸かってください。

 

 

 

その際には、自分の内部に氷のカタマリがあり、お湯でじっくりとそれを溶かしていくようなイメージで行うといいでしょう。

 

 

 

 

また、長時間の入浴が退屈なら、防水機能のついたラジオやビデオを持ち込んで視聴したり、アロマのお香などを楽しむといいでしょう。

 

 

2.温性食品を積極的に採る

 

私たちがふだん食べているものはすべて、東洋医学の理論によれば、「温性」、「寒性」、「平性」に分けられます。

 

 

 

これは、温性はカラダを温める、寒性はカラダを冷やす、平性は温めも冷やしもしない、という意味です。

 

 

具体的には、以下のサイトを参考にしてください。
http://www.ikkando.com/yojyo/syokuno_inyo.htm

 

 

 

このうち、温性の食品を、ふだんから積極的に採るようにしましょう。(*^^*)

 

 

 

ちなみに私はここ20年ほどずっと、温性食品を常食するように心がけています。

 

 

 

私が毎日、欠かさず摂取しているのは、熱めの「どくだみ茶」です。

 

 

 

これを朝に一杯、必ず飲むようにしています。

 

 

 

なぜ「どくだみ茶」かというと、私の鍼の先生に勧められたことと、つくるのが簡単だという理由からです。

 

 

 

私の経験や、クリニックの先生のアドバイスから、その他にも、しょうが紅茶、黒豆茶、ほうじ茶、昆布茶なども有効です。

 

 

 

カラダを温める飲料を摂取する効果は、「寂しい気持ち」に対し、短期的にも長期的にも有効です。

 

 

 

たとえば、ふだんから「寂しい気持ち」に苦しめられているのなら、それを飲むことを朝の習慣とすればいいでしょう。

 

 

 

また、なにか好ましくない出来事に遭遇し、一時的に孤独感が強くなっている場合にも、「カラダを温める飲み物」は、有効です。

 

 

 

ぜひ、試してみてください。

 

第三章 子ども、動植物、ぬいぐるみを使った、寂しさからの脱却法

 

 

 

 

さて、次にオススメするのは、ぬいぐるみ、動植物、子どもなどと接することです。

 

 

 

こうした存在は、人間の大人のように、本音と建前を使い分けません。

 

 

 

ですからあなたも、寂しい気持ちになったときには、彼らに対し、自分の悲しい本音を打ち明けるといいでしょう。

 

 

 

といっても、地域社会がすっかり消滅した現代の都会では、子どもと接するのは、むずかしいかもしれません。

 

 

 

なにしろ、大人が変に子どもに話しかけたりすれば、通報されかねない世の中です。

 

 

 

私の場合は、不思議とよく見知らぬ子どもに声をかけられるので、あえて人の目につくところで、ふれあいを楽しんだりしていますが。(^^ゞ

 

 

 

とかく子どものいいところは、共感能力が高い点です。

 

 

 

ですから、他愛ない彼らの日常の話でも聴いてあげるだけで、なんの邪心もない気持ちに触れられます。

 

 

 

また、子どもを相手にすると、必然的に自分がその子の先輩、あるいは保護者的立場に立つことになります。

 

 

 

すると、「この子を守らなければ」、「この子に大人のルールを教えてあげよう」という気持ちになります。

 

 

 

その時点で、あなたには「小さな仲間」ができたことになるので、少なくとも「自分は孤独だ」という観念からは、自由になれます

 

 

 

ですが前述したように、現実的に子どもと直接的な関係を持つのがむずかしいのが、現代社会です。

 

 

 

ならば次の策としては、動物や植物を相手にすることです。

 

 

 

可能ならば、犬や猫を飼い、世話をする

 

 

 

そうして自分の飼っている犬や猫と信頼関係が成立すれば、あなたは寂しい気持ちからは解放されるでしょう。

 

 

 

なぜなら犬や猫は、自分があたえた愛情を、確実に返してくれるからです。

 

 

 

あなたが深くそれらを愛すれば、より深く激しい表現であなたへの愛を示してくれるのが、犬や猫です。

 

 

 

そのときあなたはきっと、「自分の愛に価値がある」ということを確信し、幸せな気持ちになれるでしょう。

 

 

 

私の場合は、これは10年以上前のことになりますが、近所で外飼いされていたゴールデン・レトリバーと仲良くなったことがあります。

 

 

私はその家の前を通るたびに、そのゴールデンを思いっきり可愛がっていました。

 

 

 

そしてご存じのように、ゴールデン・レトリバーはあらゆる犬のなかでも、最強レベルに情が深いです。

 

 

 

ですからそのゴールデンは、私に対して「これでもか」というほどの愛情を示してくれました。

 

 

 

また私としても、自分の存在をそこまで認め、必要としてくれる犬がいるということで、大変に満足でした。

 

 

 

そのゴールデンは10年ほど前に、飼い主夫婦に連れられ引っ越してしまいましたが、私のなかではまだ、そのゴールデンの姿は生きています。

 

 

 

そして寂しい気持ちになったとき、そのゴールデンのことを想えば、ネガティブな感情もかなり消えてくれます。

 

 

 

といっても、犬や猫を飼ったり、それらと仲良くなれたりできる環境に、あなたがいるとはかぎりません。

 

 

 

そこで次のオススメは、花や観葉植物等の世話をすることです。

 

 

 

これは、自宅に庭がなくても問題ありません。

 

 

 

百円ショップなどで売っている、ミニチュアの植物など購入して、あなたの机の上にでも置いておきましょう。

 

 

私の経験から言えることですが、植物というものは、愛情をもって育てるのとそうでないのとでは、成長の仕方が違います。

 

 

 

簡単にいえば、愛情をこめて育てた植物はキレイに育ち、かつ長く生きます。

 

 

 

そして、愛情をあたえず事務的に水だけやった植物は、それと逆の結果を示します。

 

 

 

そこからあなたは、愛情たっぷりに植物を育て、「自分の愛情の価値」を実感すればいいでしょう。

 

 

 

植物とさえ、ココロを通じ合わせることができれば、それはあなたの寂しさを吹き飛ばしてくれるはずです。(*^^*)

 

 

 

くわえて最後にご紹介するのは、ぬいぐるみを持つことです。

 

 

 

幼少期の私は、極度に孤独な少年でしたが、両親に買ってもらったいくつかのぬいぐるみを、大切にあつかっていました。

 

 

 

辛いときには抱きしめ、人に言えないことがあるときには、ぬいぐるみに話しかけて、自分の寂しさを紛らわせていました。

 

 

 

そのぬいぐるみは、もう私の手許にはありませんが、やがて私は大人になり、「ぬいぐるみ療法」というのがあるのを、知りました。

 

 

 

これは、ぬいぐるみを精神的なセラピーの道具に使うというものです。

 

 

 

たしかにぬいぐるみならば、生きていないので、どんな人間嫌いの人でも、これに苦手意識を持つことはありません。

 

 

 

ですからあなたは、寂しい気持ちに耐えかねたとき、近所のおもちゃ屋さんからでも、ぬいぐるみを購入すればいいでしょう。

 

 

 

それには、やや大きめで、「ギュッ」と抱きしめらえるサイズのものが、好ましいです。

 

 

 

また、ぬいぐるみの外見は、もちろんあなたの好みのものにしましょう。

 

 

 

そうしてぬいぐるみを前に、あなたは自分の本心を語り、自分自身のココロを裸にするのです。

 

 

 

これは自分の部屋で行うかぎり、人に見られるということはありません。

 

 

 

ならばあなたは、ぬいぐるみを友として、あなたの寂しさからの脱却を図ればいいのです。

 

 

 

私がそう言うと、「でもそれは、あまりに子どもっぽすぎない?」と、あなたは返してくるかもしれません。

 

 

 

ですが、それはそれで、いいのです。(*^^*)

 

 

 

というのも、人が成長できないときには、たいてい彼のココロになんだかのわだかまりが残っています。

 

 

 

ならばあなたは、ぬいぐるみに向かって自分の内面をすべて吐きだせば、その時点であなたのなかの葛藤が解消されることもありえます。

 

 

 

または、自分の内部を言語化することで、あなたを寂しい気持ちにさせているものの正体も、見えてくるようになるかもしれません。

 

 

 

すると、その解決策もわかってくるかもしれません。

 

 

 

そうやってあなたは、自分の問題を一つクリアできたら、それだけ成長でき、人生の次のステージへと向かえます。

 

 

 

つまりあなたは、ぬいぐるみ療法をつうじて一歩、大人になれるのです。

 

 

 

ですからあなたは、これを嫌ってはいけません。

 

第四章 自分と接点がある人たちとのつながりを、大切に

 

 

 

 

 

さて次にあなたにオススメするのは、あなたと趣味、関心領域、仕事等、なんらかのものを共有している人たちとの交流です。

 

あなたはもちろん、見知らぬ他人とのつき合いというものは、大の苦手でしょう。

 

 

 

ならば、少しでもあなたと接点のある人との交際を深め、そうした人たちとの「共感」を大切にすることです。

 

 

 

この場合、あなたはムリになにかのサークルを探して、入会するという必要もありません。

 

 

 

ただ身近にそういう人がいれば、あるいはそうした人と出会う機会があるならば、それを「一期一会」のものとして、無意識にやりすごさないことです。

 

 

 

とかく、一つひとつの人との出会いを大事にしてください。(*^^*)

 

 

 

たとえば現在のあなたが陰々滅滅とした人で、あらゆる他人がまぶしく見えて、対等のつき合いができなかったとしましょう。

 

 

 

それでもあなたは、多くの人と交わり、彼らから、自分にないものを学ぼうという気持ちでいれば、あなたは少しずつでも成長できます。

 

 

 

そしてそうしたことを蓄積していくと、いずれあなたは、それまで雲の上の人と思っていた人とも、接点が生まれるかもしれません。

 

 

 

するとその人とも、対等の関係が築けるようになれる可能性が生じます。

 

 

 

これは、私が20年以上かけて、実践してきたことです。

 

 

 

20歳前後の私は、とかく他人というものが怖かった。

 

 

 

ですからそれを克服するため、なにかを学べると思えた目上の人には、積極的に話しかけ、じっくりと話を聴きました。

 

 

 

ですからいまの私は、相手が大企業の社長でも、一流スポーツ選手でも、彼らに合わせ、会話をすることは、容易にできます。

 

 

 

ここで仮に、あなたは、そのように自分から人に話しかけることさえ、できないのだとします。

 

 

 

ならばせめて、だれからも声をかけられなくても、集団のなかに身を置き、そこの人々のやり取りを、よく聴いてください。

 

 

 

そこからあなたは、「会話術」というものを、学べるでしょう。

 

 

 

じつはコミュニケーション能力も会話の巧みさも、人が生まれつき持っているものでは、ありません。

 

 

 

それは本人が自覚していようがいまいが、後天的な学習や経験から身につけるものです。

 

 

ならばあなたは、「人とうまくやっていく術」を、まるで学校の勉強に挑むように、学習して身につけるものだと、とらえればいいのです。

 

 

 

そうして少しずつでも、人の場のなかに入り、発言もできるように努力してください。

 

 

 

それが自然にできるようになれば、あなたは「自分はここにいる」と実感を持ちつつ、それをとくに意識しないでいられるようになるでしょう。

 

 

 

そのときのあなたは、すでに「場に溶け込んでいる」のですから、おのずと寂しい気持ちは消えているはずです。

 

 

 

なおあなたが若者であるならば、なぜあなたがそこまで寂しい気持ちに陥ったのかは、下記の記事を参考にして、考えてみてください。

 

 

 

寂しい気持ちに苦しめられている若いあなたへ。その根源的な理由と原因を教えます

 

 

 

 

まとめ

 

 

「寂しさ」とは一見、精神的な現象とばかり、思われます。

 

 

 

しかし人間の肉体は精神と直結しているため、肉体的なアプローチからでも、「寂しい気持ち」を和らげることはできます。

 

 

 

くわえて、ココロもさまざまな手段で温めれば、きっとあなたの「寂しさ」は、癒されます。(*^^*)

 

 

 

どうかあなたは、上記を参考にして、「寂しい気持ち」から、短期的にも長期的にも、抜け出してください!!(≧∇≦)/

 

 

下記のページへ行くだけで、
いまだけ豪華特典を5点プレゼント中!!(≧∇≦)/

 

 

amazon kindle にて、amazon のアカウントさえ持っていれば、無料で入手可能の、私の電子書籍。

2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版
https://00m.in/VPGOr

 

 

メルマガ!!(*^^*)つ
自己紹介 ほんわか

みなさん、はじめましして。(*^^*)

 

ほんわかと申します。

 

私は現在は、雑誌ライターさんなどやってます。

 

成長過程での歪みにより、発達障害やアトピーを、50年近く患い、30年以上かけてほぼ完全に克服しました。

 

またその間に、高名な心療内科の医師や整体師につき、その教えを完全に自分のものにしました。

 

くわえてその過程で、多くの学問、健康法、整体術などを習得し、自分と同じような立場の人、200人ほどの相談に乗ってきました。

 

またネット上のものも含めると、これまでに私がアドバイスしてきた人は、1,000人以上に上ります。

 

ちなみにその成果として、下記のようなサイトも立ち上げています。(^^ゞ

 

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば
http://jinseitetsugaku.com/

 

この経験を、少しでも多くの人に役立ててもらおうと思い、当サイトを立てた次第です。

 

これからの厳しい時代、かつての私以上に弱い人でも生き残れる方法論を、どんどん発信していくつもりです。

 

また、そんな半生を送った私だけが知っている、生きたサバイバル情報を発信できるメルマガを、運営しています。

 

興味のある方は、下記よりご登録ください。

 

あなたを幸せな未来に導く、メルマガ登録はこちらから!! (≧▽≦)/

 

多くの、あなたの人生の指針となるプレゼントをご用意し、あなたをお待ちしております。

 

また私は、amazon から下記の書籍を発行しております。

 

『2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版
https://00m.in/VPGOr

 

amazon のアカウントさえ持っていれば、どなたでもダウンロードできますので、よろしければご一読ください!!\(^o^)/

 

 

応援を、よろしくお願いいたします!!(`・ω・´)ゞ

メルマガ!!(`・ω・´)9m
最近の投稿
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報