「嘘つき」はなぜ、どのように「嘘つき」になるのかー私の幼少期と世界の歴史からわかったこと

はじめに

 

 

 

 

 

ここでは心理学上でもよく話題になる、「虚言癖」=「嘘つき病」について、述べていきます。

 

 

 

当然ですが、虚つきにも、程度が重いものから軽いものまであります。

 

 

 

症状が軽いものについては、本人の「クセ」レベルかもしれません。

 

 

 

ならば、ふだんの心がけと数回のカウンセリング等で、治ってしまうかもしれません。

 

 

 

ところで私は、少年期から22歳くらいにかけては、大変な嘘つきでした

 

 

 

それも、かなり重度なものでした。

 

 

 

そんな私ですが、あるときから自分の虚言癖を自覚したため、意識的にそこから脱出できました。

 

 

 

そこで、当時の私と同様、止めたくても嘘が止まらない、嘘をつくことに罪悪感がなくて怖い、というあなたのため、私の虚言癖との闘いを記します。

 

 

 

私の経験が、少しでもあなたのお役に立てれば、苦しみまくった若き日の私も、きっと報われると思います。。

 

 

 

どうかこの記事が、あなたを「虚の世界」から「現実世界」へ引き上げることを望みます。

 

 

なぜなら、それは私の満足でもあるからです。

 

 

 

なお、このページは「虚言癖」についての理論と解説に当てられています。

 

 

 

もしあなたが、「虚言癖」を持っており、それを克服したいと願うならば、下記ページを参考にしてください。

 

 

 

 

虚言癖には、こうして対処しろ!私の実践による、ココロとカラダと栄養からのアプローチ

 

 

 

 

 

 

私の経験にもとづいた、具体的で効果バツグンの方法が記されています。(*^^*)

 

 

 

 

第一章 孤独で、空想、妄想ばかりしていた、少年時代の私

 

 

 

 

 

まずは、私の虚言癖について語るには、私の育ちを知ってもらいたいと思います。

 

 

 

時間のある方は、下記をお読みください

 

 

 

 

自己嫌悪を克服するカギは、他者や自分自身との関係のなかから、自分への信頼を獲得すること

 

 

1 第一章 私が、自分自身の倫理を自分で構築するようになった理由

 

 

もしあなたが、上記引用部を読まなかったのなら、簡単に私の成長過程における問題点を、述べます。

 

 

 

それは、幼少期、少年期の私はつねに、身もココロも「リアル」から離されて育ったということです。

 

 

 

とかく私は、現代核家族の長男としてあり、母親は病弱だった私にベッタリ。

 

 

 

そして父は、そもそも核家族における家長の役割も、まったく理解しておりませんでした。

 

 

 

つまり父には、子どもに社会の規範を教えなければいけないし、核家族ならば基本的に、それができるのは父親だけという自覚もなかったのです。

 

 

 

よって私は、父から「社会をどう生きていけばいいかということを一切、教えられずに成長していきました。

 

 

 

そんな私でしたので、もちろん、人づき合いは大の苦手でした。

 

 

 

端的に述べるなら、同じ年の同級生さえ、怖かったのです。

 

 

 

ですから私は、当時は一人でいることが多かったです。

 

 

 

私があまりに孤独であるため、母が私の同級生のお母さんたちに頼み込み、そこのお子さんたちに、私と遊ぶようにさせたことも、何度もありました。

 

 

 

そうしたことから、私は異常なまでに孤独な少年でしたが、一人のときはいつも、空想や妄想ばかり、していたものです

 

 

そこから、当時の私は万物に「リアル」を感じていなかった、というより、リアルと妄想の区別が、自分のなかでハッキリとついていませんでした。

 

 

第二章 共同体の規範を、宗教の教義として、個々人に刷り込んできた人類

 

 

 

 

ところで、もしあなたが前章の引用を読んでくださったのなら、「人間とは、社会的存在だ」ということは、おわかりいただけると思います。

 

 

 

これはどういうことかといえば、一見、「本能」のように思える心的反応も、じつはその人が生まれ育った共同体の価値観の一部である、ということです。

 

 

 

この点を、「インディアン」と呼ばれるネイティヴ・アメリカン(アメリカ先住民)の社会から、見ていきます。

 

 

参照 https://base81.com/info/偉人から学ぶ英語の名言~ネイティブ・アメリカ.html/

 

 

そもそも、ネイティヴ・アメリカンには、「所有」という概念がありませんでした。

 

 

 

ですから彼らにとってみれば、すべてが「俺のものは、みんなのもの、みんなのものは、俺のもの」だったのです。

 

 

 

端的に述べれば、どんなものもすべては、共同体のものであり、共同体と個人のあいだに、距離はなかったのです。

 

 

 

ところで、15世紀後半から大航海時代が始まり、アメリカ大陸には多くの白人たちがやって来ました。

 

 

 

そして白人たちは、ときには泥棒同然のふてぶてしさで、ネイティヴたちの土地や食料を奪っていきましたが、それでも彼らは、白人たちを咎めませんでした。

 

 

 

もちろん、同時代の日本や西洋でそんなことをすれば、間違いなく窃盗罪で捕まったことでしょう。

 

 

 

ですが、ネイティヴたちの世界では、そもそも「窃盗」という罪の概念はなかったため、彼らは白人たちの行為を、「悪いこと」とは、思わなかったのです。

 

 

 

また参考のため、、以下のページ第三章を参考にしてください。

 

 

 

寂しい気持ちに苦しめられている若いあなたへ。その根源的な理由と原因を教えます

 

 

4 第三章 『罪と罰』に見る、青年が孤独に陥るプロセス

 

 

 

 

第三章 『罪と罰』に見る、青年が孤独に陥るプロセス

 

 

 

ここでは、ロシア文学の最高峰、ドストエフスキーによる『罪と罰』が、論じられています。

 

 

 

殺人を犯した主人公、ラスコーリニコフを苦しめたのは、「本能」ではありません。

 

 

 

あくまでラスコーリニコフが生まれ育った、キリスト教社会における、「殺人は、最大の罪」という道徳規範です。

 

 

 

こうした規範は、前近代の共同体においては、世界中ほぼ例外なく、宗教の教義により成立していました。

 

 

 

西洋ではキリスト教、中東ではイスラム教、日本では神道を中心とした上で、儒教や仏教を取り込んだ教えとして、存在していたのです。

 

 

 

ただ余談ですが、若干の例外は、存在します。

 

 

 

それは、中国と朝鮮です。

 

 

 

近代までの中国、朝鮮を支配したイデオロギーは儒教ですが、儒教はどちらかといえば実践道徳であり、宗教とは呼びがたいからです。

 

 

 

というのも、儒教には宗教ならば必須の教えである、「」や「死後世界」について、ほぼ言及がないからです。

 

 

 

あるのはただ、儒教の創始者・孔子による、支配者のための道徳的教えのみです。

 

 

 

また未開社会においては、すべてを霊魂のはたらきによると考える、「アニミズム」という信仰が中心でした。

 

 

 

未開社会においては、アニミズムを持たない民族、共同体は、まったくいなかったはずです。

 

 

 

ともかくも人間は、古代から近代まで、そうした共同体をまとめあげる宗教の規範を、さまざまなかたちで社会や個人に浸透させていきました

 

 

 

たとえば、子どもに対しては「聖的なもの」として、それらを学校や教会で教えました。

 

 

さらには俗的には、一般社会における常識や娯楽などを通じ、彼らの無意識にまで叩き込んだのです。

 

 

 

なぜ人間が、いつの時代もそんなことをしたかといえば、人間が本能を喪失した生物だからです。

 

 

 

そのため人間には、「本能」に替わる「刷り込み」が必要とされるのです。

 

 

 

この点は、以下のページの章を、参考にしてください。

 

 

 

 

優柔不断は、育ちの問題。自分で決断力、判断力を身につけ、克服しよう!

 

 

3 第二章 意識的に肉体労働に励み、優柔不断さを消していった私

4 第三章 優柔不断克服のため、あなたがやるべきこと

 

 

またその「刷り込み」は、民衆に対して「信賞必罰」という「アメとムチ」によって、なされます。

 

 

 

つまり共同体の規範に沿ったいいことをすれば、公の場で表彰され、逆に好ましくないことをすれば、街中でさらしものにされたりします。

 

 

 

そうすることによって、やっと共同体の規範というものは、個々人の感情レベルへと刷り込まれるのです。

 

 

 

またそれによりはじめて、共同体もちゃんと機能するようになるのです。

 

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

 

第四章 子どもが自分で生きる規範をつくる、現代という時代

 

 

 

 

さて、ここまで読んでくださって、あなたは「これのどこが、『嘘つき』の話なの?」と、思われたかもしれません。

 

 

 

ですが下記章で示したように、われわれが住む「戦後日本」という社会は、人類史から見ても、じつに異常で特殊な時代なのです。

 

 

 

 

なぜ優柔不断な人が、現代日本に激増したのか?その理由を、歴史的経緯と脳の発育から説く

 

 

4 第三章 2000年来の「イエ」の伝統が、ほんの10数年で崩壊した日本

 

なにしろわれわれ現代日本人は、自国で1000年間も培われた規範を、自らの手で、わずか10数年で消滅させたのですから。

 

 

 

上述引用のように日本は、自国で1000年間機能した、「アジア的大家族主義」を、ほんの短期間で手離しました。

 

 

 

ですがもちろん、現代日本人はそれまでの地域共同体から天皇制に至る、「イエ」の論理に替わる規範や価値観を、生み出したわけでは、ありません

 

 

 

しかも現代の社会では、父は仕事に忙しく、母は子どもにベッタリ、そして学校は、個々の生徒には、深く関わらない方針です。

 

 

 

すると孤独に置かれた子どもたちは、自分で自分に都合のいい規範をつくり、その規範の下に生きていこうとします。

 

 

 

そしてその大部分は破綻し、子どもは手探りで、自分の生き方を模索していくことになります。

 

 

 

ところが、いいことなのか悪いことなのか、まれにその少年期独自の規範のまま、生きていける人間も出てきます。

 

 

 

それが1995年に「地下鉄サリン事件」を起こした「オウム真理教」の教祖・麻原彰晃であり、1988年から1989年までに4人の幼女を殺害した、宮崎勤です。

 

 

 

また海外の歴史的人物でいうと、ソ連のスターリンや、ドイツのヒトラーがこれに当たります。

 

 

 

これらはたしかに、極端な例ではあります。

 

 

 

ですがそんな社会では、とかくどんな意味にせよ、世の常識にはまったくとらわれない、自分独自の規範で生きていく人間が、大量発生します

 

 

 

そしてその規範が、たとえば純粋にビジネスや学問等に向かっていれば、なんの問題もありません。

 

 

 

ところが現実には、平気で嘘をついたり、犯罪を犯したりする者たちが、大勢生まれています。

 

 

 

そのように現在のわが国では、「虚つき」が、異常に多くなったのです。

 

 

 

もちろん前近代の日本にも、むかしの西洋にも、そうした不道徳者は存在していました。

 

 

 

ですが戦後日本ほど、そうした人物が急増した地域は、歴史的にもちょっとないと思います。

 

 

 

というのも、現在のわが国では、犯罪者のみならず、政治家、役人、ジャーナリスト、学者、会社経営者、芸能人等々、ふだんから平気で嘘をつける人が、多すぎるからです。

 

 

 

彼らはもちろん、自分の嘘によりかえって追いつめられても、また違う嘘により、保身を図ります。

 

 

 

またあるいは、騒ぎが治まるまで、知らんぷりをしています。

 

 

 

もちろん彼らには、「自分が嘘をついた」という罪悪感は、みじんもありません。

 

 

 

そうした人物たちが少数派ではなく、むしろ主流派として、わが国に多くな影響のある地位に存在している。

 

 

 

これが、現代日本の異常さなのです。

 

 

 

またそれほどまでに、戦後日本の変貌は急激だったということです。

 

 

 

さて、冒頭でも申しましたとおり、現在、あなたが「嘘つき病」にかかっているのを自覚しており、これを治したいと思うなら、下記ページを参考にしてください。

(*^^*)つ

 

 

 

虚言癖には、こうして対処しろ!私の実践による、ココロとカラダと栄養からのアプローチ

 

まとめ

 

 

 

 

 

まず人類とは、本能から離脱した生き物であるため、社会生活を営むにあたり、「共同規範」を構築する必要がありました。

 

 

 

それはほとんどが宗教のカタチをとっており、そのなかには共同体にとって好ましいこととそうでないことが、信賞必罰のカタチで含まれています。

 

 

 

個人に対しては、その教えが幼少期より、「刷り込み」というカタチであたえられるのが、宗教の一般的なあり方です。

 

 

 

もちろん、わが国にも「アジア的家父長制」ともいうべき、千年来の歴史がある規範が存在していました。

 

 

 

ところがわが国では、戦後の高度経済成長以来、核家族化が進展したため、そうした歴史ある民族的規範を知らない、若い男女が急増しました

 

 

 

その結果、彼らや彼らの子どもたちは、「自分が生きる規範」というものを、自分で考え、創造しなければならなくなったのです。

 

 

 

その結果、子どもたちは、自分にとって都合のいいルールを自分でつくり、それに従い生きていくことになります。

 

 

 

ですから彼らにとっては、「事実、現実よりも、自分の都合」を優先した、自分勝手な基準のほうが、現実の社会常識よりもリアルに思えるのです。

 

 

 

その結果として、彼らは「都合よく嘘をつくこと」にも、罪悪感は感じられません

 

 

 

なぜなら元来、罪悪感とは、前述したように一般には、宗教のカタチをとった規範を、個人が幼いときに脳に刷り込まれることにより、できる感情だからです。

 

 

 

そうしたことからわが国では、「虚言癖」を持つ人間が、現代になって大量発生したのです。

 

 

 

下記のページへ行くだけで、
いまだけ豪華特典を5点プレゼント中!!(≧∇≦)/

 

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

 

amazon kindle にて、amazon のアカウントさえ持っていれば、無料で入手可能の、私の電子書籍。

2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版

メルマガ!!(*^^*)つ
自己紹介 ほんわか

みなさん、はじめましして。(*^^*)

 

ほんわかと申します。

 

私は現在は、雑誌ライターさんなどやってます。

 

成長過程での歪みにより、発達障害やアトピーを、50年近く患い、30年以上かけてほぼ完全に克服しました。

 

またその間に、高名な心療内科の医師や整体師につき、その教えを完全に自分のものにしました。

 

くわえてその過程で、多くの学問、健康法、整体術などを習得し、自分と同じような立場の人、200人ほどの相談に乗ってきました。

 

またネット上のものも含めると、これまでに私がアドバイスしてきた人は、1,000人以上に上ります。

 

ちなみにその成果として、下記のようなサイトも立ち上げています。(^^ゞ

 

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば
http://jinseitetsugaku.com/

 

この経験を、少しでも多くの人に役立ててもらおうと思い、当サイトを立てた次第です。

 

これからの厳しい時代、かつての私以上に弱い人でも生き残れる方法論を、どんどん発信していくつもりです。

 

また、そんな半生を送った私だけが知っている、生きたサバイバル情報を発信できるメルマガを、運営しています。

 

興味のある方は、下記よりご登録ください。

 

あなたを幸せな未来に導く、メルマガ登録はこちらから!! (≧▽≦)/

 

多くの、あなたの人生の指針となるプレゼントをご用意し、あなたをお待ちしております。

 

また私は、amazon から下記の書籍を発行しております。

 

『2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版
https://00m.in/VPGOr

 

amazon のアカウントさえ持っていれば、どなたでもダウンロードできますので、よろしければご一読ください!!\(^o^)/

 

 

応援を、よろしくお願いいたします!!(`・ω・´)ゞ

メルマガ!!(`・ω・´)9m
最近の投稿
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報