幸せになれない人が送る、その代わりとしての虚しい3つの生き方

はじめに

 

 

 

さて私は下記ページにおいて、「幸せ」を哲学的に定義してみました。

 

 

 

「幸せ」の哲学的定義とは、「個人の社会的究極目標」。現代青年はいかにして、幸せを手に入れるか

 

 

だれもが上記ページのように、幸せになれれば、問題はありません。

 

 

 

しかし実際には、そうはいきません。

 

 

 

というのも、世の中には競争があるため、万人が自分の望むものを手に入れられるとは、かぎらないからです。

 

 

 

また悲しいですが、現代では人間の幼少期に必須の「愛情」を得られないまま、大人になってしまう人も多いです。

 

 

 

こうした人は、どうしても「愛」がわからないため、「愛」を得ることがむずかしくなってきます。

 

 

 

よってここでは、「幸せをつかめなかった人」が送る、3つの生き方についてお話しします。

 

 

第一章 まともな愛を、受けられずに育った人たち

 

 

 

 

 

さて、ところで現実の物事とは、すべて社会や個人の期待するようには、いきません。

 

 

 

というのは、たとえどんな社会システムであっても、そこにすべての人が、適応できるとはかぎらないからです。

 

 

 

端的に述べれば、どうしても「『幸せ』を自力でつかめる強い青年」になることができない人も、実際には多数、生まれてしまうということもあります。

 

 

 

その原因は、現代日本にあってはほぼ例外なく、家庭環境に起因します。

 

 

 

それはどういうことかと申せば、現代日本の急激な近代化に原因があります。

 

 

 

1960年代、高度経済成長期以前には存在していた、日本が世界に誇る、すばらしい育児環境が急速に失われたのです。

 

 

 

この点については、下記ページを、参考にしてください。

 

 

 

あなたがいつも自己嫌悪でイライラしているのは、わが国における社会・家庭環境の変化と愛情不足のため

 

 

 

 

そうしたわけで、現在のわが国では強く生きていく上で必要な愛情を、充分に受けないまま青年になってしまった人が、現在では多数いるのです

 

 

 

 

いや、むしろいまでは、そうした青年のほうが多数派を占めるかもしれません。

 

 

 

なぜなら現代日本では、社会が各家庭に求める子どもの教育を果たせない家庭が、全体の8割に上るといわれているからでです。

 

 

 

ちなみにこれは、「機能不全家族」と呼ばれています。

 

 

 

またこの現象は、若いころの私が強烈な影響を受けて,地獄の苦しみを味わった原因でもあります。

 

 

 

さらに、いまこの記事を読んでいるあなたにも、強く該当することです。

 

 

 

正しい愛を知らず、歪んだ愛を押しつけられ育った青年には、もちろん社会の荒波を泳ぐ体力はありません。

 

 

 

また当然に、本人も慢性的に、理由もなくイライラしていたり、自信のなさに怯えていたりもします。

 

 

 

そうして多くの場合、そうした青年は自己存在や自分自身の人生を持てあまし、まともな社会人としての幸せが得られません

 

 

 

なぜなら当人たちに「愛」がわからないのですから、当然に「人から愛される」ということもないからです。

 

 

 

ですからあなたをふくむ彼らは、もちろん自分の幸せを探すべき青年期にも、それを見つけられず、大人になっても不幸なままです

 

 

 

失礼ですが、それは、これからなにもしなかった場合のあなたの10年後、20年後の姿ともいえます。

 

第二章 感覚的快楽の奴隷となり、感情の不安定を補う生き方

 

 

 

 

 

ですが人間は、動物と異なり、自由意志と知恵をもった存在です。

 

 

 

よって、そうした「社会不適応者」ともいうべき人たちにも、なんとか生きていく術はあります。

 

 

 

その点を、見ていきたいと思います。

 

 

 

まず、幸福とは感情に安定と安心をもたらすものだということは、私は下記ページでも述べました。

 

 

 

「幸せ」の哲学的定義とは、「個人の社会的究極目標」。現代青年はいかにして、幸せを手に入れるか

 

 

 

 

それに反し、感覚的快楽というものは、刺激的で強力で、中毒性があります

 

 

 

さらにはそのため、感覚的快楽は、人により強い刺激を求めさせ、エスカレートしていきます。

 

 

 

これは麻薬中毒者などを思い浮かべてみれば、すぐに理解できます。

 

 

 

彼らは感情の空洞を、感覚の強烈さにより、代替させようとしているのです。

 

 

 

麻薬にかぎらず、酒でもギャンブルでも性交渉でも、同様のことがいえます。

 

 

 

もしあなたが幸せを見出せないなら、たしかにそうしたものを享受し続けるという、生き方の選択肢も存在します。

 

 

 

ですがこの方法だと、ハマればハマるほどに幸せから遠ざかり、最後は破滅しかないのは、容易に理解できます。

 

 

 

 

 

第三章 富や名声を、ひたすら追い求める生き方

 

 

 

次にそうした人たちが目指す生き方は、富や名声をひたすら追い求め、自分の承認欲求を際限なく満たすやり方です。

 

 

 

これは、すでに巨万の富があるのに、どこまでも金儲けに固執する実業家。

 

 

あるいは、すでに安定した人気や収入があるのに、整形手術をくり返したり、過激な歌を発表し続けたりする、映画スターやロックスターなどが挙げられます。

 

 

 

彼らはたしかに、富や名声はある。

 

 

 

しかしそれは、一度得てしまえば簡単に消費されてしまうので、またさらなる富と名声を求め、彼らは暴走するのです。

 

 

 

そしてその末路は、変死、急死、若死になど、幸せとはほど遠いものだと、わかります。

 

第四章 自分の自我を殺して、即物的に生きる生き方

 

 

 

 

 

またさらに、そうした幼少期に「生きる喜び」を教えられなかった人の選択肢は、まだあります。

 

 

 

それは社会を捨てる、すなわちホームレスやその日暮らしになる道です。

 

これは一般の人からは、みじめで軽蔑や憐みをもって見られる生き方です。

 

 

 

しかしひょっとしたらですが、本人にとってみれば、考えようによっては、これは幸福なあり方なのかもしれません

 

 

 

というのは、そういう人たちは一般社会での面倒ごとを嫌い、そこで「幸せになる」、「よく生きる」意志を捨てた者です。

 

 

意思を持たない人間は、性質が植物や物質に近くなり、主観的には不幸を不幸と感じなくなります。

 

 

 

いわば、ココロが凍りついた状態となるからです。

 

 

 

よって当然に、「愛情のぬくもり」も、感じられませんが。

 

 

 

さらにこれは、その上になることもない代わりに、それ以下もない状態で、ある意味では安定しています

 

 

 

ですので、可能ならばそのまま死ぬまで、自我を持たず、自分を人間と思わなければ、もしかして本人は幸せかもしれないというのです。

 

 

 

さらに、たとえ定職を持ったとしても、ひたすらなにも考えずに「ボー」と、毎日を過ごす生き方、というのもあります。

 

 

 

これは、私が若いころにバイトをしていた、家電量販店の上司が、そのタイプでした。

 

 

 

彼はいつも、仕方なく仕事をしており、根本的にやる気というものがありませんでした。

 

 

彼は、当時流行っていた「モーニング娘。」の大ファンで、「モー娘。」だけが楽しみで生きているような人でした。

 

 

 

そうして自分の人生や仕事になにも期待していないため、部下やバイトにも、まったく甘かったのです。

 

 

 

彼の部下であった私にはありがたい存在でしたが、彼自身はそれが幸せだったかどうかは、わかりません。

 

 

 

というのは、家電量販店とは基本的にどこも、体育会系的であり、多くがブラックです。

 

 

 

そんなところでやる気も見せず仕事をしていたのですから、彼は毎日、後から入った後輩に叱り続けられていました。

 

 

 

またもちろん、彼は出世で大きく同僚に遅れ、他の社員からも軽んじられていました

 

 

 

そんな毎日は、針のむしろだと当時の私は思いましたが、もはや彼は、自分の感性を殺しすぎており、もうなにも感じなくなっていたのかもしれません

 

 

 

当時の私は、そんな忍耐力があるなら、そのチカラを自分の人生を改善させる方向に使えば、どれだけいいか、と思ったものです。

 

 

 

ですがもしかして彼には、その状態は完全に慣れっこになっていたのかもしれません。

 

 

 

ですからとくに意識しなくても、「バカにされて、つらい、悲しい、悔しい」とは、感じなくなっていたとも、考えられます

 

 

 

もちろんあなたも、お望みならそんな生き方は、いますぐにでも可能です。

 

 

 

ですがあなたは、こんなページを見ている以上、そんな人生は絶対にイヤ、というより、そうなるのが怖いでしょう

 

 

 

またこれからますます従業員の雇用が厳しくなる世の中で、こうした生き方がいつまで可能なのかは、予想がつきません。

 

 

 

ですので私はここで、とりあえず社会とは距離を取り、孤独でありながらも、生きがいのある生き方を、ここでご紹介します。

 

 

 

それは、これまで述べた、「人が一般的に幸せになる、2つの道」、

 

 

 

 

1,自分の専門を持ち、それを定職としながら、社会に根を下ろす。

 

 

2.愛する家族や友人を持ち、そのつながりのなかで、安定して生きる。

 

 

 

の、どちらでもありません。

 

 

 

そうではなく、あくまでアウトサイダー的でありながら、他者や愛や刺激などを必要としない、孤高の生き方です。

 

 

 

こちらについては、下記ページで述べていきます。

 

 

まとめ

 

 

人はだれでも、「幸せ」を求め、「幸せになる権利」は、あたえられています。

 

 

 

しかしそれでも、幼少期に「愛」を教えられないがゆえに、「愛」を得られない人もいます。

 

 

 

そうした人たちは一般に、以下3つの生き方を選ぶ傾向にあります。

 

 

1.酒、ギャンブル、性交渉などの感覚的快楽を、ひたすら追い求める。

 

 

2.幸せの代わりに、過剰なまでの富や名声を得ようとする

 

 

3.自分の自我を殺し、ただ即物的に生きていく

 

 

ただし、これらの生き方とはまた違う、もっと生産的な「幸せの代替としての生き方」も、存在します。

 

 

それについては、下記サイトを参考にしてください。

 

 

自分だけの幸せを追求する道ーそれは突き抜けた歴史的人物を目指すこと

 

 

 

 

 

 

amazon kindle にて、amazon のアカウントさえ持っていれば、無料で入手可能の、私の電子書籍。

2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版

 

 

メルマガ!!(*^^*)つ
自己紹介 ほんわか

みなさん、はじめましして。(*^^*)

 

ほんわかと申します。

 

私は現在は、雑誌ライターさんなどやってます。

 

成長過程での歪みにより、発達障害やアトピーを、50年近く患い、30年以上かけてほぼ完全に克服しました。

 

またその間に、高名な心療内科の医師や整体師につき、その教えを完全に自分のものにしました。

 

くわえてその過程で、多くの学問、健康法、整体術などを習得し、自分と同じような立場の人、200人ほどの相談に乗ってきました。

 

またネット上のものも含めると、これまでに私がアドバイスしてきた人は、1,000人以上に上ります。

 

ちなみにその成果として、下記のようなサイトも立ち上げています。(^^ゞ

 

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば
http://jinseitetsugaku.com/

 

この経験を、少しでも多くの人に役立ててもらおうと思い、当サイトを立てた次第です。

 

これからの厳しい時代、かつての私以上に弱い人でも生き残れる方法論を、どんどん発信していくつもりです。

 

また、そんな半生を送った私だけが知っている、生きたサバイバル情報を発信できるメルマガを、運営しています。

 

興味のある方は、下記よりご登録ください。

 

あなたを幸せな未来に導く、メルマガ登録はこちらから!! (≧▽≦)/

 

多くの、あなたの人生の指針となるプレゼントをご用意し、あなたをお待ちしております。

 

また私は、amazon から下記の書籍を発行しております。

 

『2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版
https://00m.in/VPGOr

 

amazon のアカウントさえ持っていれば、どなたでもダウンロードできますので、よろしければご一読ください!!\(^o^)/

 

 

応援を、よろしくお願いいたします!!(`・ω・´)ゞ

メルマガ!!(`・ω・´)9m
最近の投稿
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報