絶望のなかにしか、真の希望はない!絶望と孤独のなかから、光を見出し生きよ

はじめに

 

 

 

 

 

そもそもはじめに、人はなぜ、「絶望」をするのか?

 

 

 

それは、「中途半端な状態に耐えられないから」です。

 

 

 

これをさらにくわしく述べれば、「状況は最悪なのに、ヘンに『希望』があるため、中途半端な状態に耐えられず、本人の意思であえて『絶望』を選ぶ」という部分が大きいです。

 

 

 

これについては、下記ページでもくわしく述べましたので、参考にしていただきたいと思います。

 

 

 

絶望の正体とは、不安定な人生に耐えられなくなった者が陥る、「希望がない」という決めつけ

 

 

 

そもそも他人の「絶望」を客観的に見ると、いくらでも脱出法はあるようにも思える場合が、大半です。

 

 

 

よって、「絶望」とは多くの場合、「どっちつかずの状況に、決着をつけたい」という本人の弱さが引き起こす場合が大半なのです。

 

 

 

よってこのページでは、あなたが「絶望」に陥った場合の脱出法について、主に述べたいと思います。

 

 

 

第一章 「すべての状態が過程の一部」と見れば、「つらいときも、一時的なもの」と思える

 

 

 

 

 

これについては、苦しく不安定であっても、そうした時期だからこそ、得られるものもあります。

 

 

 

それは、「絶望のなかから、希望を見出す能力」です。

 

 

 

これさえ身につけられれば、どんな苦難にも耐えられるようになるといっても、過言でありません。

 

 

 

別の記事でも書きましたが、私は育ちに問題があったため、それが青年期になり、心身症として実体化しました。

 

 

 

そして、栄養療法、温熱療法、生活療法などにより、病気を30年にわたり回復させてきました。

 

 

 

そんなに時間がかかったの?」と、あなたはおっしゃるかもしれません。

 

 

 

しかし現実には、私の病気は現代医学では原則として根治不可能なものであり、日常生活が不自由なく送れるようになっただけでも、奇跡的なのです。

 

 

 

数十年前ならばきっと、私は廃人、あるいは狂人として、ずっと施設に入れられていたと思います。

 

 

 

さて、そんな私は20年ほど前、そうした各種療養による、病気の好転反応が起こり、寝たきりになったことがありました。

 

 

 

このときは高熱が出て、何か月も動けなくなったのです。

 

 

 

もちろんそんな状態では、仕事もバイトもできないで、自殺願望が起こったものです。

 

 

 

しかし私はそのときすでに、「自分は、病気の寛解という過渡期にいる」という自覚が持てていました。

 

 

 

そのため、「好転反応さえ治まれば、自分はどんな仕事でもできる」と、希望が持てました。

 

 

 

その結果、私は思ったとおりに病状が安定し、ムリなく働けるバイトに就くことができたのです。

 

 

 

この経験から私が言いたいのは、絶対的に希望がない状態」とは、ほとんどないということです。

 

 

 

もちろん、病気でどのような治療法も効かずに、苦しんで何十年と生きるしかないといった、本当に救いのない状況も存在します。

 

 

 

ですが大部分の絶望は、時間の経過と、あなたの心がけ、行動力次第で、なんとかなります。

 

 

 

「絶望とは、愚者の結論である」と、言われています。

 

 

 

あなたは、つらい絶望に陥ったとき、ぜひ以下のことをしてみてください。

 

 

 

自分自身を、他人、未来の自分、なんらかの実力をつけた自分と、さまざまな角度から客観的に観察するのです。

 

 

 

そうすれば、現在、自分を苦しめている絶望の正体、および、その絶望の乗り越え方等が見えてくるかもしれません。

 

 

 

それによりあなたは、一段、強くなれるし、またその実力はあなたを、必ず良い方向へと導いてくれます。

 

 

 

 

 

そして日が経てば、「そういえば自分は、過去にあれほど絶望していたこともあったっけ」と、懐かしく思うことえ、できる日が来ます。

 

 

 

またあるいは、あなたはご自分の悩みについて、専門家や信頼できる人にアドバイスを求める習慣をつけていれば、「絶望」を感じることが少なくなっていくはずです。

 

 

 

なぜならそのときのあなたは、「自分の境地には、必ず脱出口がある」と思えるようになっているからです。

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

 

 

 

 

第二章 小説の新人賞落選から拓かれた、私のライター人生

 

 

 

ところで私はこれまで、「いくら絶望しても、自殺してはいけない」ということを述べてきました。

 

 

 

ここではこの点を、少し補強したいと思います。

 

 

 

まず自殺とは、あなたが、あなた自身の命を絶つ行為です。

 

 

 

ところで時間とは、当然ですが、過去から現在、未来へと、一方向にしか進みません。

 

 

 

ですので、自殺とは「現在のあなたが、未来のあなたを殺す行為」となります。

 

 

 

つまりそれは、「弱く無力ないまのあなたが、強く、幸せになる未来のあなたの生命を奪うこと」なので、これは到底、許されることではありません

 

 

 

「幸運の女神は、不幸の顔をしてやってくる」という言葉を、あなたはご存じでしょうか?

 

 

 

本当の幸せというものは、最初は厄介なもののように現れる、という意味です。

 

 

 

この点を、私がライターになったときの話から、ご説明します。

 

 

 

30代後半のころの私は、心身症も一段落し、本格的に仕事を探さないといけない状態になりました。

 

 

 

そのとき、まず考えたのは、物書きになることでした。

 

 

 

理由は、闘病していたときに私は、膨大な種類の学問を勉強していました。

 

 

 

ですので、その知見や実力を活かすのには、とかくなにかを書くことしかないと思ったからです。

 

 

 

ところが私が書きたかったことは、歴史や哲学等の分野でした。

 

 

 

ですが、出版社が主催するそうした部門のコンクーでは、ありませんでした。

 

 

 

かろうじて日本史のものならありましたが、私はおもに西洋史を勉強していたので、こちらは対象外となりました。

 

 

 

すると、いろいろ調べた結果、私の希望するジャンルで物書きになるには、以下の2つの方法しかないことが、わかったのです。

 

1.最初から出版社の社員か、そこの外部ライターとしてかで働き、出版のチャンスを待つ。

 

 

2.小説の新人賞に応募し、自分の作品のテーマを自分の専門分野に設定し、賞を受賞後、その方面での本を出版する。

 

 

そのときの私には、出版業界のプロに知り合いはいませんでしたので、私が取りえる選択肢は、2 しかありませんでした。

 

 

 

そうしたわけで私は、とかく小説を書いてみたのです。

 

 

 

ところがそれは、2作書いて、どちらも一次選考にも残りませんでした。

 

 

 

 

どうやら私には、小説家としての才能はないということを、つよく思い知らされたものです。

 

 

 

そうして途方にくれて、次の道をあわてて探していると、偶然、最高のライター教室を見つけ、早速、そこに入学しました。

 

 

 

そこは最初に私が直感したように、先生は厳しいが、一流のライターになる道を、的確に教えてくれました。

 

 

 

そこを卒業した後、私はいくつかの仕事を経験し、結果的にクオリティーマガジンの外部ライターになれたのです。

 

 

 

もし私が、小説の新人賞落選の時点ですべてをあきらめていたら、ライターへの道は拓けなかったはずです。

 

 

 

あなたももし現在、なにかに絶望しているのなら、現在はつらいでしょうが、それは後の希望につながるものととらえ、希望を見出してください。

 

 

 

私も現在、数年後から歴史や哲学にかんする書物を、世界中に売りまくろうという希望を抱いているのですから。

 

 

 

 

第三章 大作『モンテ・クリスト伯』に見る、絶望のあり方

 

 

 

 

ここで最後に、私の人生を支え続けた小説、『モンテ・クリスト伯』の言葉から、あなたの絶望を払おうと思います。

 

 

 

まず『モンテ・クリスト伯』のストーリーは、以下です。

 

 

 

 

舞台は19世紀初頭、王政復古時のフランス、マルセイユ。ここに19歳の純朴な船乗り、エドモン・ダンテスがいた。
ダンテスは結婚と出世を前にして、幸福の絶頂にいた。
ところが、ダンテスの存在を快く思わない3人の男たちが、ダンテスに濡れ衣を着せ、官憲に通報した。
ダンテスは結婚式の当日に、逮捕されてしまう。
さらにダンテスを担当した検事は、偶然にもダンテスが、自分とナポレオンとのつながりを握っていることに気づき、あわててダンテスを政治犯の独房に送った。
事情もわからず独房に置かれたダンテスは荒れながら、絶望の日々を送った。
数年が経ったころ、ダンテスは脱獄を試みることにした。
そのとき独房の壁を掘っていると、偶然にもダンテス同様に脱獄を図ろうとしていた「ファリア司祭」という人物に出会った。
ファリア司祭は聡明な学者で、なぜダンテスが独房送りになったのか、即座に言い当てた。
それ以来、自分を陥れた者たちへの復讐に燃えたダンテスだったが、同時にファリア司祭から多くの学問や言語を学び始めた。
やがてダンテスが投獄されてから14年が経ち、ファリア司祭は亡くなった。
ファリア司祭は死に際に、「モンテ・クリスト島」に莫大な財宝が眠っていることを、ダンテスに知らせる。
ダンテスはとっさの機転で、ファリア司祭の死体と自分の身体を入れ替え、脱獄に成功。その後、モンテ・クリスト島で財宝を得たダンテスは、爵位を買って「モンテ・クリスト伯爵」となり、自分に無実の罪を着せた者たちへの復讐を開始する。
復讐自体はすべて成功し、自分の敵をみな破滅に追い込んだダンテスだったが、一つ問題が残った。
それは、自分が船乗りであったころの恩人の息子と、自分の宿敵の娘が恋愛関係にあったことだった。
そこでダンテスは一芝居を打ち、その若い男女、マクシミリヤンとヴァランティーヌを結びつけ、自分は愛する妻を得て、去っていく。
ダンテスとの別れを嘆くマクシミリヤンに、ヴァランティーヌはダンテスからあたえられた言葉を教える。
それは、以下のものだった。

 

「……この世には、幸福もあり不幸もあり、ただ在るものは、一つの状態と他の状態との比較にすぎないということなのです。きわめて大きな不幸を経験した者のみ、きわめて大きな幸福を感じることができるのです。……」。

 

「伯爵さまがおっしゃいましたわ。人間の智慧は、ただこの二つの言葉にふくまれている、と。『待て、しかして希望せよ!』」。(岩波文庫 アレクサンドル・デュマ著 山内義雄 訳)

 

 

 

 

第四章 つねに絶望の裏にある希望を見出せ!

 

 

 

引用が長くなってしまいました。(^^ゞ

 

 

 

つまり、死ぬほどの絶望を何年も味合わせられたダンテスにとっても、後から見たら、その絶望さえ、現在の自分をつくった試練にすぎない、ということです。

 

 

 

もし若いあなたが、絶望するほどの物事に苦しんでいるのなら、こう思ってください。

 

 

 

「その絶望は、きっと自分を強くする」と。

 

 

 

 

また、若いときに絶望するほどの不幸を経験しなかった者は、おそらく未来において、困ることになるでしょう。

 

 

 

これからの社会は、並の努力をしただけなら、とたんに貧困層に落とされるであろう、過酷なものになるはずだからです。

 

 

 

 

なので、絶望を知らない者は、自分を支えることも、どん底から這い上がることも、できなくなると、私は思います。

 

 

 

またそんな人が万が一、社会的地位や家族を得ても、それを守れず、破滅するかもしれません。

 

 

 

ですのでとかくあなたには、絶望を感じている現在の自分さえ、楽しむ余裕を持っていただきたいと思います。

 

 

 

つまり、「この絶望に耐えた後には、きっと自分には偉大なチカラが宿る」と、信じながら、絶望にいるご自身を客観視してほしいのです。

 

 

 

人間の感情に、無意味なもの、両義性のないものはありません。

 

 

 

ですからあなたは、その絶望の裏にある希望を、つねに見出すようにしていただきたいと思います。

 

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

 

 

 

 

第五章 なぜあらゆる動物のなかで、人間だけが絶望し、死を選ぶのか

 

 

 

 

申し訳ありません。m(__)m

 

 

 

 

当初の予定では、前章で当ページは終わるはずでした。

 

 

 

しかし私はその後、「人にはなぜ、絶望という感情があるのか」ということを考えて、ある仮説が浮かんだので、述べます。

 

 

 

これは結論から述べると、「極度のうつ状態」だと思います。

 

 

 

まず人間は、唯一、本能から離脱した生物ですが、それでも「感情」は豊かに残っています

 

 

 

そして、高度な感情を持つ動物のなかには、うつ状態になるものもいます。

 

 

 

これは、主人と引き離された犬や猫、あるいは動物園で見世物にされたサルなどにより、確認されています。

 

 

 

まず、うつ状態とは、悲しみやストレスが過剰なため、感情の主体である生物を無気力にさせ、疲れた脳や身体を休ませる作用ではないか、と私は思っています。

 

 

 

そうしたわけで、社会的存在である人間も、その社会のなかでつらいことが多すぎると、うつ状態になる。

 

 

 

そしてそのもっとも強烈なカタチが、「絶望」なのではないかと、私は思います。

 

 

 

ただ謎なのは、「絶望」は何度も述べたように、「本人を自殺に追い込む」ことまである点です。

 

 

 

生命体とは基本的に、危機にあっては、個体が生きていく上で重要なものほど、優先的に守る機能があります。

 

 

 

たとえば出血した動物は、たとえ四肢を失うことになっても、体幹部は生かそうとして、四肢への血流を止めることもあります。

 

 

 

そうした点から述べれば、人間も動物である以上、自己感情(=絶望)により、主体に自死を選ばせるというのは、本末転倒のように思います

 

 

 

なぜなら当然ですが、生命体が生きるにあたり、もっとも重要なのは、「生命そのもの」だからです。

 

 

 

だから人が絶望し、自殺するというのは、たいへんに矛盾した現象のように思われるのです。

 

 

 

これについて、私なりの考えを述べます。

 

 

 

まず、自殺する生物とは、基本的に自然界では人間だけです。

 

 

 

これ以外には、たとえばネズミの集団自殺のような現象も、発見されています。

 

 

 

ところがこの場合ですと、それはあくまで増えすぎた種を守るための行動と、考えられます。

 

 

 

つまりネズミは数が多くなりすぎると、各個体が確保できるエサの量が激減する。

 

 

 

そうなると、飢え死にするネズミが多くなりすぎて、結果的に種の全滅につながる可能性がある。

 

 

 

それを避けるための、集団自殺ではないかと思われます。

 

 

 

ところが人間の場合、近代社会にあっては、自殺するのはまず、自己都合においてです。

 

 

たとえば、経済苦、人間関係の問題、健康問題等は、すべては個人の事情によるものです。

 

 

 

もちろん、特攻隊や古代宗教における犠牲のためといった死も、見受けられます。

 

 

 

ですがこれらは、「個を殺すことにより、共同体を活かす」ために存在します。

 

 

 

つまり、特攻隊員は日本国を守るために敵艦に特攻したし、宗教の生贄とされた人は、その教団や国家存続のため、あえて自分が犠牲になっています。

 

 

 

ですから、これらの事象はあくまで例外と見ていいでしょう。

 

 

 

ならば人間とは必ず、自己の個人的な事情で自殺する、ということになります。

 

 

元来は生命存続のために存在する感情が、「絶望」に支配されたとき、その主体を殺す。

 

 

これはいったい、どういうことでしょう?

 

 

 

私が思うに、人間とは「社会性と自然性」、両者を持ちながら、そのバランスが完全ではないのだと思います。

 

 

 

つまり、人間の感情はつらいことが多すぎると、主体の脳を休ませるため、脳をうつ状態にします

 

 

 

しかし人間には本能を離れた思考力がありますから、そのつらい状態から逃げるための、自殺の手段をも考えられます。

 

 

 

その結果、人間は自らの意志で自殺する、唯一の動物になったのではと考えます。

 

 

 

上に挙げたのは、あくまで私の仮説です。

 

 

 

どうかあなたも、「ヒト(自然的存在)としてのあなた」と、「人間(社会的存在)としてのあなたのバランスを取り、生きていってください。

 

 

 

またその観点から、絶望に陥った際には、「死は生命の最終地点、元来なら、自分から踏み込んではいけないところ」という認識で、耐えてもらいたいと思います。

 

 

 

こう言ってはなんですが、ほんの数十年ダラダラと生きていれば、放っておいてもあなたは死にます。

 

 

 

それがイヤなら、人生に目的意識を持って生きましょう。

 

 

 

死ぬときに、後悔を残さないために。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

絶望とは、人間を殺す感情です。

 

 

 

そして「希望がなく、絶望しか見えない状況」とは、ある意味でもっとも安定している状態といえます。

 

 

 

なぜならそれは、人のココロを絶望から希望へと、行ったり来たりさせないからです。

 

 

 

そして絶望を確信した人間は、死を選びます。

 

 

 

ところがその状況での個人の認識は、非常に限定的で視野狭窄に陥っています。

 

 

 

それは、その人の置かれた苦しい状況が、彼に決着を迫るからです。

 

 

 

ですので客観的に見たら、絶望して、もう自殺以外、なんの解決策もないと思える人の環境には、じつはいくらでも逃げ道がある場合が、ほとんどです。

 

 

 

ただし、絶望に苦しんでいる人のなかでも、潜在的に絶望から解放されたくないと、考えている人もいます。

 

 

 

なぜなら絶望からの脱出法がわかってしまうと、それを実行しなくては、いけなくなるから。

 

 

 

そうして現実と格闘することを、本心では望んでない人も、確実に存在します。

 

 

 

ですが、絶望の解決策は、とかくそれを外化させることです。

 

 

 

具体的には、自分のココロの様子をノートに書きなぐったり、カウンセラー等に相談したりすることです。

 

 

 

また若いあなたがつらいのは、あなたが「青年期」という人生の過渡期にいるからです。

 

 

そんなときは、できるだけ自分の状況を客観視してください。

 

 

 

そして絶望にも意味があることを知れれば、あなたはきっと将来、いまより強く賢くなれるはずです。

 

 

 

なにかに絶望したときには、そのことを忘れないでください。

 

 

 

下記のページへ行くだけで、
いまだけ豪華特典を5点プレゼント中!!(≧∇≦)/

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

 

amazon kindle にて、amazon のアカウントさえ持っていれば、無料で入手可能の、私の電子書籍。

『2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版
https://00m.in/VPGOr

メルマガ!!(*^^*)つ
自己紹介 ほんわか

みなさん、はじめましして。(*^^*)

 

ほんわかと申します。

 

私は現在は、雑誌ライターさんなどやってます。

 

成長過程での歪みにより、発達障害やアトピーを、50年近く患い、30年以上かけてほぼ完全に克服しました。

 

またその間に、高名な心療内科の医師や整体師につき、その教えを完全に自分のものにしました。

 

くわえてその過程で、多くの学問、健康法、整体術などを習得し、自分と同じような立場の人、200人ほどの相談に乗ってきました。

 

またネット上のものも含めると、これまでに私がアドバイスしてきた人は、1,000人以上に上ります。

 

ちなみにその成果として、下記のようなサイトも立ち上げています。(^^ゞ

 

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば
http://jinseitetsugaku.com/

 

この経験を、少しでも多くの人に役立ててもらおうと思い、当サイトを立てた次第です。

 

これからの厳しい時代、かつての私以上に弱い人でも生き残れる方法論を、どんどん発信していくつもりです。

 

また、そんな半生を送った私だけが知っている、生きたサバイバル情報を発信できるメルマガを、運営しています。

 

興味のある方は、下記よりご登録ください。

 

あなたを幸せな未来に導く、メルマガ登録はこちらから!! (≧▽≦)/

 

多くの、あなたの人生の指針となるプレゼントをご用意し、あなたをお待ちしております。

 

また私は、amazon から下記の書籍を発行しております。

 

『2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版
https://00m.in/VPGOr

 

amazon のアカウントさえ持っていれば、どなたでもダウンロードできますので、よろしければご一読ください!!\(^o^)/

 

 

応援を、よろしくお願いいたします!!(`・ω・´)ゞ

メルマガ!!(`・ω・´)9m
最近の投稿
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報