無意識に言い訳をしてしまう人の原因は、育ちにあった!あなたが言い訳癖を治す方法は、責任と対峙すること

はじめに

 

 

 

 

 

世間では「言い訳すること」は、悪いこととされています。

(´・ω・`)

 

 

 

まず「言い訳」とは責任回避なのですから、それは当然です。

 

 

 

ですが、あなたもおわかりで経験があると思いますが、こちらは正当な理由を言ってるつもりでも、相手からすると、それが「言い訳」に聞こえることがあります。

 

 

 

この点については、あなたは会社のプロジェクト等で、一度リーダーなどをやってみると、よくわかります。

 

 

 

あるいはあなたがまだ学生さんなら、バイト先のバイトリーダーとか。

 

 

 

すると、自分のメンバーや後輩がなにかヘマをしたとき、彼らの言い分を聞いてみればいいですよ。

 

 

 

あ、コイツなに言い訳してるんだよ」と思うことが、しゅっちゅう出てきますから。

\(^o^)/

 

 

 

さて、ではそもそも「言い訳」とは、何でしょう?

 

 

 

これは先述したとおり、自分が起こした問題に対する責任回避、あるいは自己正当化を指します。

 

 

 

そうした失敗に対して、自分の非の部分を極度に過小申告し、状況や他人に責任を押し付けるのが、「言い訳」です。

 

 

 

今日は、自分でも意識しないうちに、ついつい「言い訳」をしてしまうあなた。

 

 

 

あるいは、自分ではそんなつもりでないのに、上司から「言い訳するな!」と、いつも言われてしまうあなたのために、このページを書きます。

 

 

 

そこから、「自分には、言い訳クセがある」と自覚がある人、「他人からよく、お前、また言い訳かよ」と言われる人は、ぜひこのページを参考にしてみてください。

 

 

 

それでは!!(`・ω・´)9m

 

 

 

 

 

第一章 過保護に育てれた人には、「責任」とい発想が育たない

 

 

 

 

 

さて、「言い訳」の定義はすでに「はじめに」で、示しました。

 

 

 

それは、「自分の失敗に対し、自分の非の部分を極度に過小申告し、状況や他人に責任を押し付ける」というものでしたよね?(*^^*)

 

 

 

では、あなたをはじめとして、そうした人たちはなぜ、ついついそうしたことをしてしまうのでしょう?

 

 

 

これは答えから述べますと、失礼ながら、あなたたちの幼少期からの育ちに問題があるからです。

 

 

 

さらに端的に述べれば、あなたらは「そういうふうに、育てられたから」です。

 

 

 

これはどういうことかというと、まず第一点として、極度に過保護に育てられれば、そうなります。

 

 

 

こういう人は、身のまわりのことはすべて、親が先回りしてやってくれます。

 

 

 

たとえばあなたが「お茶を飲みたい」と思ってカップを取るために立ち上がったら、それを察して、あなたがなにも言わなくても、お茶を用意してくれるお母さん。

 

 

 

こういう人は、「いい家政婦さん」かもしれませんが、「いいお母さん」とは、やや言い難いですね。

 

 

 

なぜなら、あなたにどんな行動も取らせないのだから、あなたはいつまでも、自分では何も決められず、何もできずにいる。

 

 

 

その結果として、あなたは「どんな物事にも、やるには責任がともなう」という当たり前のことが、いつまでも実感できないでいる。

 

 

 

もしここで、あなたがご自分でお茶を淹れてみて、お湯をこぼしたり、カップを割ったりすれば、「それは自分のせいで、そうなった」と、わかるでしょう。

 

 

 

つまり、「責任」という概念が、理解できるのです。

 

 

 

ところがあなたが、「自分でお茶を淹れてみる」ということを、一度も経験しないで大きくなり、バイトなど始めたら、問題が起きたりします。

 

 

 

たとえば、あなたが飲食店等でバイトを始め、誤ってお皿を落として、割ってしまったとします。

 

 

 

するとあなたには、「責任」という発想がないのだから、おそらくあなたの上司には、こう言ってしまうでしょう。

 

 

 

「リーダー、お皿が割れたみたいです」。

 

 

 

もちろんお皿は、「割れた」のではなく、「あなたが割った」のです。

 

 

 

ですがそのときのあなたには、「自分が悪い」という発想がないのですから、「お皿が勝手に割れた」のように、ご自分で解釈してしまいます。

 

 

 

するともちろん、あなたの上司の心証は悪くなり、「お前、それで他に、なにか言うことねぇのかよ?」と、責められます。

 

 

 

それでもあなたは釈然とせず、その後にどんな失敗をしても、人に謝ることもしません。

 

 

しかしながらなんとか、そのバイトをやり終えたとしても、次のバイト先や就職先でも、おなじことをくり返します。

 

 

 

するとあなたは、「謝罪もできない、非常識な人」あつかいで、同僚や上司から相手にされにされなくなってしまうでしょう。

 

 

 

またあなたがご自身を、言い訳がましい人物かどうかを見分ける方法は、簡単です。

 

 

 

あなたは幼少期に、なにか悪いことをして親御さんに叱られたとき、以下のように言われましたか?

 

 

 

または、言われたのを覚えていますか?

 

 

 

言い訳するな!これをやったのは、お前自身だ。他人やまわりのせいに、するな!」と。

 

 

 

もしあなたが、日ごろから親御さんにそのようにしつけられていて、その教えが身に染みているのなら、あなたは「言い訳がましい人」では、ありません。

 

 

 

しかしそうでないのなら、残念ながらあなたは、自分でも気づかないうちに、無意識的に言い訳をしているかもしれません。

 

 

 

またあなたのまわりの人たちも、あなたがそのように「言い訳がましい人」と、認識している可能性は、大きいです。

 

 

 

 

 

第二章 社会の急激な発展と荒廃のため、「社会規範」を教えられずに大人になっしまった人たち

 

 

 

 

 

さて、今度はそれとは正反対に、ネグレクト(育児放棄)されて育った人のケースを、見てみます。

 

 

 

まず幼児には当然、なにも教えなければ、なにもわかりません。

 

 

 

するともちろん、「社会のルール」もわからないのですから、「責任」とはどういうものか、たとえ語の意味は知っていても、それを実感として理解できません。

 

 

 

ちなみに欧米では、「過保護もネグレクトも、おなじく虐待の一種」と、見なされています。

 

 

 

さらにですが、身体的、精神的な虐待を幼少期に受けていた人も、大人になってから、言い訳の多い人物になりがちです。

 

 

 

というのも、親からの虐待を受けているあいだ、「自分は、なにもしていないのに、どうしてこんな目に遭うの?」と思っているためです。

 

 

 

「自分はなにも悪くないのに、親にいじめられる」。

 

 

 

この経験がくり返されると、「何に対しても、自分は悪くない」という固定観念へと転化されるわけです。

 

 

 

じつはこれは、私の少年時代のことでもあります。

 

 

 

私の少年期については、下記を参考にしてください。

 

 

 

自己嫌悪でいつもイライラしているあなたへ。その原因と克服法を教えます

 

7 第七章 私が、自分自身の倫理を自分で構築するようになった理由

 

 

 

私は少年時代、母親の過剰な愛情と、父親の無関心につねに苦しめられていました。

 

 

 

ですから私は、人とのつき合い方がまったくわからず、当時から精神を潜在的に病んでいたのです。

 

 

 

そして当時の私には、以下のことはよくわかりませんでした。

 

 

 

ですが私はそのとき、「なんで、なにも悪いことをしていない自分が、こんな寂しい思いを、いつもしてなきゃいけないの?」という思いを、確実に抱いていました。

 

 

 

そのため、「自分にはなにが許され、なにがしていけないのか」を試すために、お店から万引きなどをしていました。

 

 

 

結局、数回はバレて補導されましたが、私の心情や状況をわかってくれる大人は、数少なかったです。

 

 

 

もちろん私の両親も、私の気持ちや、当時の私に何が必要だったのかなど、カケラもわかっていませんでした。

 

 

 

ですが、数人のココロの温かい学校の先生などは、私のことを理解し、励ましてくれたのが、せめてもの救いでした。(*´ω`*)

 

 

 

それでも私は、大人になって本格的に病気になり、自分の人格を根本から創り変えるまで、「責任」が実感できないままでした。

 

 

 

さて、話を戻します。

 

 

 

過保護、ネグレクト、どちらのやり方にせよ、その方針で育てられた子どもは、結果として「責任がわからない大人」になるわけです。

 

 

 

ならば、「過保護もネグレクトも、おなじく虐待の一種」というのは、じつに筋の通った見解です。

 

 

 

ところで現代社会は核家族が圧倒的に主流であるため、子どもにしつけや教育をあたえられるのは、基本的にその親しかいません。

 

 

 

ですから、現代における正しい育児とは、以下のようなものになるはずです。

 

 

 

「子どもにしっかりと愛情をあたえ、社会のルールを教えた上で、自分と子どもとは別人格だという前提で子どもを育てながら、自立させていくこと」。

 

 

 

ところがわが国では、そうした常識的な育児法は、極端なまでに、なされていません。

 

 

 

子どもを甘やかすばかりで、親子が一体化するか、もしくは子どもを放置したままにする親が、急増しています。

 

 

 

その理由は、1960年代に、それまでわが国に存在した「地域共同体」が消滅し、核家族化が急激なスピードで進行したからです。

 

 

 

その結果、親は社会構造の進展についていけず、自己流の育児法で、孤独に自分の子どもたちを育てなくては、ならなくなったからです。

 

 

 

この点については、以下の記事でくわしく述べていますので、目次を見て、気になる部分だけでも、読んでいただきたいです。

 

毒親とは、子どもを支配・コントロールし、自分の人生を生きさせない親。毒親の実態と対処法、教えます

 

 

 

アダルトチルドレンで苦しんでいるあなたへ。ACの実態と症状の緩和について、私の経験を語ります

 

 

 

ネグレクトの原因は、親もその親も幼い人間だから。私がそのトラウマを克服した方法を伝授します

 

 

 

さらにその後、わが国ではバブル崩壊以降のデフレが続いたため、そうした「国民の孤立化」が、改善されないまま、令和の現在までに至っています。。

 

 

 

そのため、少子化や生活の余裕のなさ等の条件が重なり、わが国では「生きる上での規範」を子どもに教える機会も人材も、極端に減ったのです。

 

 

 

またそうした世間の荒廃とともに、モンスターペアレント、クレイマー、「老害」といわれる高齢者のような人たちも増えました。

 

 

 

ですので子どもたちはどうしても、そんな大人ばかりを見ながら、育っていくことになります。

 

 

 

よって端的に述べれば、「無意識に言い訳をしてしまう人」とは、ほぼすべて、育ちに問題がある人なのです。

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

 

 

 

 

第三章 無意識に言い訳をしていた、私の同僚や、過去の私自身

 

 

 

 

 

さてこの章では、私がこれまで直接、出会ったことのある困った「言い訳っ子ちゃん」について、述べます。(´・ω・`)

 

 

 

いまから17~18年前の年末から正月にかけ、当時フリーターだった私は、あるテキ屋さんでバイトすることになりました。

 

 

 

「テキ屋さん」とは、お祭りとかイベントの際、屋台を開いて食べ物やおもちゃなどを売ってる、ちょっと一般の社会から外れた人たちです。

 

 

 

私はそこで、ある成り行きから働くことになったのです。

 

 

 

そこで私は、当時18歳くらいの少年に出会いました。

 

 

 

彼は、私と同様にそこでバイトすることになった、20歳くらいの青年が連れてきた子でした。

 

 

 

彼はそこそこ整った顔をしていましたが、なにかの軽犯罪を犯したため、警察から保護観察中の身だということでした。

 

 

 

彼が具体的に、どんなことをやらかしたは知りませんが、とかく小柄で、つねにオロオロと緊張し、怯えているような様子でした。

 

 

 

ところが彼は、雇い主からなにか注意される度に、言い訳をしていました。

 

 

 

たとえば、以下のようにです。

 

 

 

主「商品の配置は、そこじゃダメだと、さっき言っただろ」。

 

 

彼「あ、そのときはお客さんの相手をしていたので、聞いていませんでした」。

 

 

主「君、声の出が悪いよ」。

 

 

彼「ぼくは、大きな声を出すのが苦手なので」。

 

 

主「ガスを持ってくるのに、どれだけ時間をかけてるんだ?」。

 

 

彼「それがどこにあるかわからないんで、ずっと探してました」。

 

 

 

一事が万事、この調子です。(´・ω・`)

 

 

 

さらに彼には、虚言癖がありました。

 

 

 

同僚のだれかから、「お前、(女性の)経験人数、どのくらい?」と訊かれ、「100人」と、冗談ではなく、真顔で答えるのです。

 

 

 

それでいてふだんは、オロオロ、ビクビクしていました。

 

 

 

これは、彼が「生きること」にリアリティーを感じていないからこその反応だと、私は思いました。

 

 

 

また同時に、それまでの彼の育ちが、どれほど荒廃していて、愛がなく緊張に満ちたものだったかも、容易に理解できました。

 

 

 

ちなみに「虚言癖」というものがどういうものか、知りたければ、下記を参考にしてください。

 

 

虚言癖とは、育ちの過程における歪み。「リアル」を心身に叩き込み、克服しろ!

 

 

また、これを書いている私自身にも、そうした傾向がありました。

 

 

 

それについては前述しましたが、興味があるようでしたら再度、以下を参考にしてください。

 

 

 

自己嫌悪でいつもイライラしているあなたへ。その原因と克服法を教えます

 

7 第七章 私が、自分自身の倫理を自分で構築するようになった理由

 

 

 

また私はそこでバイトする2年ほど前に、ある土木会社で作業員をしていました。

 

 

 

そこで、同僚の質問に対して、あいまいで責任回避的な答え方をしていたのが、いまでもハッキリ思い出せます。

 

 

 

それは、以下のような感じでした。

 

 

 

社員「ほんわかちゃん、まだ汚れが残っているようだけど、バケツはもうみんな洗ったの?」

 

 

 

当時はまだ、重篤な神経症にあった私は、弱々しく、こう答えました。

 

 

 

私「どうかな……、洗ったように、思うけどなぁ……」。

 

 

 

そのとき私は、10歳以上年下の高校中退の社員さんに、こうたしなめられました。

 

 

社員「ほんわかちゃん、思いつきは言わないほうがいいよ」。

 

 

 

 

 

第四章 言い訳クセは、大人になるほど治らなくなる

 

 

 

 

そのように、テキ屋のバイト君や過去の私のように、無意識に言い訳が出てしまう人は、どうすればいいか?

 

 

 

これについては、下記を参考にしてください。

 

 

 

虚言癖とは、育ちの過程における歪み。「リアル」を心身に叩き込み、克服しろ!

 

第五章から第九章まで。

 

 

アダルトチルドレンで苦しんでいるあなたへ。ACの実態と症状の緩和について、私の経験を語ります

 

 

第四章から十章まで

 

 

上でも述べましたが、重要なことはとかく、自分自身を「リアル」にさらすということです。

 

 

 

まず日常生活においては、買い物から日々のあらゆる選択までも、自分の判断でもって行います。

 

 

 

そして、その結果としての責任すべては、自分自身で負うことです。

 

 

 

具体的には、なにかに失敗したのなら、それをちゃんと記録、記憶し、今後おなじ過ちをくり返さないよう、気をつける等です。

 

 

 

また職場でも、積極的に、最初は軽いものから、責任をともなう仕事をすすんでやってみる、ということも重要です。

 

 

 

そうしてそれが成功しようが、失敗しようが、その結果を自分の行動によるものとして、しっかりと受け止める、ということです。

 

 

 

とかくあなたは、自分を中心に物事を考えるクセをつける必要があります。

 

 

 

この場合、たとえ100のうち、80は自分の責任による失敗でなくても、残りの20の不始末については、自分なりに反省するクセをつけるようにしましょう。

 

 

 

また上司には、あなたの非をとがめられたら、とかくまわりの状況や他人を持ち出さず、「自分がどうだったか」を、意識的にありのままに伝えることです。

 

 

 

こうしたことを習慣にするには、最初のときほど、意識してやらなければ、ダメです。

 

 

 

というのは、あなたにはつねに、「自分が言い訳している」という自覚がないのですから。

 

 

 

これもまた、私の話になります。

 

 

 

いまから15年ほど前に、私はある引っ越し会社でバイトをしていましたが、そのときも自分より10歳は若い人に、こう言われました。

 

 

「ほんわかさんって、仕事もできないくせに、言い訳ばかりするね」。

 

 

彼はもちろん、私への親切心から、そう言ったくれたのでは、ありません。

 

 

 

これはただの意地悪であり、嫌みです。

 

 

 

ですが、彼に言われたこと自体は事実なので、私はそれからは、「とかく、言い訳をしないこと」に気をつけて、生きてきました。

 

 

 

またちなみにですが、私の両親も、言い訳の多い人物です。

 

 

 

彼らはふだんはいい人たちなのですが、たとえば私が神経症になった原因は、彼らにあるということを述べると、とたんにトンチンカンなことを言い出します。

 

 

 

「こちらはお前を、一生懸命に育てたはずだ」。

 

 

「お前を育てるのに、お前が病弱だから、何人分ものおカネがかかった」。

 

 

「こっちはこっちで、大変な思いをしたのに、お前はまだ親に不満があるのか?」等々です。

 

 

 

私はもちろん、親に責任を問うているのではなく、なぜ自分が病気になったのか、主治医からの説明を述べているだけなのに、そういう反応を示します。

 

 

 

とかく彼らとは論点が噛み合わず、こちらが事実を論理でもってわかりやすく説明しても、つねに感情論で返してくるので、まったく話になりません。

 

 

 

そして彼らに一貫しているのは、「自分に、息子の病気の責任があるはずはない」という、根拠なき確信です。

 

 

 

この点は、古代ローマの英雄、ユリウス・カエサルが言うように、「人は、自分が望む現実しか認めない」ということそのものです。

 

 

 

そこから、自分の責任に自覚がない人は、大人になるほど、その性格が抜けにくくなるといえます。

 

 

 

そして最後には「自分に責任がある」という自覚さえ、持てなくなるので、注意が必要です

 

 

 

何に対しても、言い訳をしてしまうクセのある人は、ご自分が若く、「自分が言い訳をしている」という自覚があるうちに、それを治すようにしましょう。

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

 

 

 

 

第五章 言い訳クセは、とかく若いうちに治せ!

 

 

 

 

 

これもまた、身の上話で恐縮です。(^^ゞ

 

 

 

私はいまから16年ほど前に、ある塗装系の会社でバイトをしていました。

 

 

 

そこで私は、当時16歳くらいの、夜間高校に通う少年と一緒に、働くことになりました。

 

 

 

彼は、育ちによる自律神経の不調から、とかく早寝早起きが苦手でした。

 

 

 

彼が進学先に夜間高校を選んだのも、それが原因の一つでもあったようです。

 

 

 

だからその会社でも、非常に遅刻が多かったのです。

 

 

 

だいたい、5日のうち3日は、なんのかんので遅刻をしていました。

 

 

 

ところが彼は、その件で上司に問い詰められるといつも、「すみません、寝坊しました」と、素直に謝っていました。

 

 

 

そのため彼は、上司から「彼のいいところは、とにかく言い訳をしないことだ」と、逆に好感を持たれたほどです。

 

 

 

また彼とは対照的に、その場の言い訳ばかりしている人間は、長期的にはいいことは、一つもありません。

 

 

 

というのも、そうした生き方では、だれからも信頼を得られないからです。

 

 

 

つらいことですが、あなたもまずは、どんなことでも自分の非を客観的に見られよう、クセにするしかありません。

 

 

 

ただし、それができるようになれば、言い訳はどんどんと減っていくはずです。

 

 

 

また、ついとっさに出てしまう反射的な言い訳をしたとしても、次の瞬間には一呼吸置いて、状況や他人ではなく、自分の問題点を考えてみることにしましょう。

 

 

 

そしてそれを、素直に申告するクセをつけると、いいでしょう。

 

 

 

そのようにして、さらにおなじ過ちを、くり返さないようにします。

 

 

 

はじめのうちは、「言い訳しないこと」で、自分の立場が悪くなる、人に嫌われるのでは、叱られるのでは、といった恐れを感じるのは、当然です。

 

 

 

しかし長期的には、言い訳ばかりで責任回避をしていると、損でしかないことが、よくわかります。

 

 

 

というのは、何度も言いますが、それにより他人からの自分の信用を、決定的に失うからです。

 

 

 

とかくあなたは最初のうちは、自分の非を他者から責められることに、慣れるしかありません。

 

 

 

そしてこれはつらいことですが、あなたはとかく、自分の過ちを客観的に見られることを、習慣にするほかありません。

 

 

その間違いをその都度、改めていけば、人から怒られることも、なくなっていきます。

 

 

 

するとあなたの言い訳クセも治り、人からの信用も、得られるようになるでしょう。

 

 

 

また前述しましたが、言い訳クセを治せるのは、若いときだけです。

 

 

 

35歳をすぎてその性格のままであれば、「またあいつは、仕事もできないくせに、言い訳ばかりして」と、人から相手にされなくなっていきます。

 

 

 

 

第六章 つねに他人から学ぶ姿勢でいれば、言い訳など出る人間にはならない

 

 

 

 

 

また言い訳ばかりしていると、自分の本心が見えなくなっていく、ということもありえます。

 

 

 

それはたとえば、ネット上で炎上騒ぎを起こす「正義マン」も、そうしたタイプの人間です。

 

 

 

彼らはつねに自分の実態を省みず、他者の非ばかりを見ているから、他人の非が許せなくなるのです。

 

 

もし「自分にも、過ちを犯した人間とおなじ欠点がある」という自覚があれば、そうはなりません。

 

 

 

ところで、キリスト教の聖典、『新約聖書』では、以下のようなエピソードがあります。

 

 

律法学者といわれる人たちが、姦通罪を犯した女を、イエス・キリストのもとに引きずってきます。

 

 

 

彼らはユダヤの慣習にならって、女を石打ちの死刑に処するべきかと、イエスに尋ねます。

 

 

 

日ごろからイエスを快く思っていなかった律法学者たちは、ここぞとばかりに、イエスの知恵を試そうと、イエスに判断を求めたのです。

 

 

 

するとイエスは、しばらく考えた後、こう言います。

 

 

 

「あなたたちのなかで、罪を犯したことのない者が、まず石を投げなさい」

 

 

律法学者たちは、イエスに言い返すことができずに、その場を去っていきます。『ヨハネ福音書』第8章、第3~9節。

 

 

 

このように、自分の短所を直視できるようになれば、他者の長所を尊敬できるようにも、なります。

 

 

 

それというのも、「あの人には、自分にない長所がある」、「この人からは、学ぶべき点がある」と、思えるようになるからです。

 

 

 

そして他人の長所を受け入れ、自分のものにしようとする習慣が身につけば、あなたはきっと、言い訳とは無縁の人間になれます。

 

 

 

なぜならそのときには、あなたは自分の問題点についても、明確にわかり、自分が迷惑をかけた人に対する罪悪感を、持てるようになっているであろうからです。

 

 

 

あなたには、その境地を目指して、がんばってほしいと思います。(*^^*)

 

 

 

すべては、「自分の真のあり方と行動を、素直に認めること」にかかっています。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

言い訳クセのある人は、ほぼ間違いなく育ちに問題があります。

 

 

 

過保護に育ったか、ネグレクト(育児放棄)されたかにより、「行動には、責任がともなう」ということが、大人になってもわからないでいるのです。

 

 

 

そうした背景は社会的な問題ですが、そのように育てられた結果、言い訳クセがついてしまった人は、自分でそれを克服するほか、ありません。

 

 

 

というのも、言い訳をくり返していれば、人生でいいことはまったくないからです。

 

 

 

そのためにも、そうした人はとかく自分の一挙手一投足に注意し、積極的に責任ある仕事を引き受け、言い訳クセを克服していきましょう。

 

 

 

また言い訳クセは、それを抱えたまま完全に大人になってしまえば、抜けなくなっていきます。

 

 

 

最終的には、人から自分の責任を問われても、自分の言動のどこに非があったのか、自分でもわからなくなります。

 

 

 

そのため、あなたがまだ若いのでしたら、つねに自分のココロに正直であるべきです。

 

 

 

そうして他者を参考にしながら、他人の長所を自分のものにしていける素直さがあれば、あなたはもう、言い訳をする人間ではなくなっています。

 

 

今回の記事は、いかがでしたでしょうか?(*^^*)
「もっと深く、こんなテーマのことが知りたい!」、
「いろんな記事を読んで、自分自身の高め方を知りたい!」
と、あなたは思ったかもしれません。

 

そこでそんなあなたの要望にお応えするかたちで、
私はメルマガを開設しています。

ぜひ当無料メルマガを購読し、あなたの人生により役立ててほしいと思います。

 

 

いまなら期間限定で、ランディングページに行くだけで、私の4本のレポートと、1冊の電子書籍をプレゼント中!

さらにメルマガ登録後も、たくさんの有益なプレゼントをご用意しております!!

 

 

登録は、こちらからどうぞ!!(≧∇≦)つ

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

 

 

 

amazon kindle にて、amazon のアカウントさえ持っていれば、無料で入手可能の、私の電子書籍。

『2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版
https://00m.in/VPGOr

メルマガ!!(*^^*)つ
自己紹介 ほんわか

みなさん、はじめましして。(*^^*)

 

ほんわかと申します。

 

私は現在は、雑誌ライターさんなどやってます。

 

成長過程での歪みにより、発達障害やアトピーを、50年近く患い、30年以上かけてほぼ完全に克服しました。

 

またその間に、高名な心療内科の医師や整体師につき、その教えを完全に自分のものにしました。

 

くわえてその過程で、多くの学問、健康法、整体術などを習得し、自分と同じような立場の人、200人ほどの相談に乗ってきました。

 

またネット上のものも含めると、これまでに私がアドバイスしてきた人は、1,000人以上に上ります。

 

ちなみにその成果として、下記のようなサイトも立ち上げています。(^^ゞ

 

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば
http://jinseitetsugaku.com/

 

この経験を、少しでも多くの人に役立ててもらおうと思い、当サイトを立てた次第です。

 

これからの厳しい時代、かつての私以上に弱い人でも生き残れる方法論を、どんどん発信していくつもりです。

 

また、そんな半生を送った私だけが知っている、生きたサバイバル情報を発信できるメルマガを、運営しています。

 

興味のある方は、下記よりご登録ください。

 

あなたを幸せな未来に導く、メルマガ登録はこちらから!! (≧▽≦)/

 

多くの、あなたの人生の指針となるプレゼントをご用意し、あなたをお待ちしております。

 

また私は、amazon から下記の書籍を発行しております。

 

『2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版
https://00m.in/VPGOr

 

amazon のアカウントさえ持っていれば、どなたでもダウンロードできますので、よろしければご一読ください!!\(^o^)/

 

 

応援を、よろしくお願いいたします!!(`・ω・´)ゞ

メルマガ!!(`・ω・´)9m
最近の投稿
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報