あなたがいつも自己嫌悪でイライラしているのは、わが国における社会・家庭環境の変化と愛情不足のため

はじめに

 

 

 

現代は、とかくギスギスした世の中です。(´・ω・`)

 

 

 

あなたのまわりも、いつもイライラしている人は、複数人いることでしょう。

 

 

 

いや、ひょっとしてそれは、あなた自身に当てはまることかも、しれません。

 

 

 

毎日、生きていること自体がつまらなく、いつも不機嫌。

 

 

 

とかく自分が大嫌いで、その不満をまわりにぶつけては、いつも仏頂面。

 

 

 

こうした人たちはひょっとして、あなたは生まれつきのものと思うかもしれません。

 

 

 

ところが実情では、大部分はその人の生まれ育った環境にあるのです。

 

 

 

そしてそれは、わが国の歴史上における急激な近代化と結びついています。

 

 

 

この点をじっくりと、ご説明していきます。

 

 

第一章 現代における「自己嫌悪」の根源は、その人が育った家庭環境にあり

 

 

 

 

 

さて、そもそも人はなぜ、「自分を嫌う」なんてことをするのでしょうか?

 

 

 

その原因は複数ありましょうが、それらは究極的には一つの要因にまとめられます

 

 

 

それは、「自分のなかに、“価値”を見出せない」からです。

 

 

 

自分という存在が、世間や他人に役立つとは思えない。

 

 

 

そうなると「自分で自分が嫌い」になるわけで、そんな人のために、他人はなにかをしてやろうとは、思わなくなりますよね?

 

 

 

また、もし現在のあなたがそんな人なら、どうしてそうなったのでしょう?

 

 

 

それはひょっとして、下記が原因かもしれません。

 

 

 

〇むかし学校でいじめられていたから? 

 

 

〇どうしても勉強ができずに、三流大学しか卒業できなかったから? 

 

 

〇不器用で運動神経ゼロのため、体育の授業やなんかの作業では、いつも人前で恥をかいていたから?

 

 

〇あまりに消極的な性格のため、つねに自己主張できずに、人に言いくるめられたり、バカにされていたから?

 

 

〇容姿がいまいちなんで、人前では堂々とできないし、とくに好きな女の子には、声もかけられないから?

 

 

〇内気な性格のため、いつも自分のなかに不満をためこんでは、ウジウジしているから?

 

 

 

何度も言いますが、これらのことが「原因」となり、あなたが自己嫌悪に陥ったということは、ありえます。

 

 

 

ところがこうしたことはあくまで、「表層的な原因」であり、「そんなあなた」にしたのは、もっと根源的な要因があります

 

 

 

それは現代ではほぼ例外なく「問題のある家庭環境で育った」ことに行きつきます。

 

 

 

ここを説いていきましょう。

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

 

 

 

 

第二章 “愛”とは何か? それは、個人を共同体に帰属させる、観念のチカラ

 

 

 

 

 

人間は、というより、ある程度以上に進化した動物はすべて、生まれた直後、あるいは幼少期に、親から無条件の愛を得られなければ、生きていく意欲や能力が持てません。

 

 

 

まず“”とは何かと定義すれば、以下のようになります。

 

 

 

〇複数の個体間内で共有される、同一化をもたらす観念作用。

 

 

これが共有されると、それぞれの個体間における区別が解消され、すべてが一つになり、各個体は「共同体の一員」という位置づけがされます。

 

 

 

ちょっと難しいことを、言ってしまいました。(^^ゞ

 

 

 

つまりは、こういうことです。

 

 

 

たとえばあなたに恋人ができれば、あなたと彼女は、「恋人同士」という一つの存在になり、また、あなたと彼女はそれぞれ「恋人の片割れ」となります。

 

 

 

または、あなたがなにかの同好会に入会すると、もちろんあなたは、あなた自身の属性は問われず、「同好会の一員」となります。

 

 

 

あるいはあなたが、日本のパスポートを持って海外にでかけた場合、まわりはあなたを、「一人の日本人」として認識します。

 

 

 

そしてここがもっとも重要なことなのですが、あなたが、あなたの家庭(仮に山田さん)の家に生まれたら、あなたは必然的に「山田さんとこの○○くん」となります。

 

 

 

そうしてこれらの共同体は、共同体をなす成員間で、“”が共有されていることが重要です。

 

 

 

たとえば恋人同士ならば、男女間に“性愛”が分かち合われていなければ、二人が一緒にいる理由がありません。

 

 

 

あるいは、「鉄道同好会」の場合では、メンバーがみな“鉄道好き”でなければ、意味がありません。

 

 

 

さらに、すべての日本人が“祖国愛”を持っていなければ、たとえ日本の伝統を守るにせよ、変えるせよ、日本という国は立ち行きません。

 

 

 

そのように、あなたがもし「山田家」に生まれたのならば、あなたをふくむ山田家の家族は、“家族愛”で結ばれていなければ、ならないのです。

 

 

なぜならそうでなければ、山田家は山田家としての「まとまり」が、保てなくなるからです。

 

 

 

 

 

第三章 「地域共同体」、「大家族」から、「核家族」へ

 

 

 

 

ところが「家族」についてなのですが、わが国では戦後、非常におかしなことが起こりました

 

 

 

まず1960年代くらいまでは、わが国における共同体の最小単位は、「大家族」、もしくは、「地域社会」でした。

 

 

これは、映画「ALWAYS 三丁目の夕日 」や、アニメ「サザエさん」などを思い返していただきたいと思います。

 

 

 

これらの作品のなかでは、子どもは地域のなかで、「」を超えてのびのびと育てられています。

 

 

 

また「家庭」も、お父さんやお母さんはもちろんですが、そこには、おじいさんやおばあさん、お婿さんなどが、一緒に暮らしています。

 

 

 

あなたの、ひいおじいさんくらいまでの人たちにとって、家庭や生活とは、ああいったかたちが、当たり前のものだったのです。

 

 

 

ところが高度経済成長期に入り、日本の産業は、農業や、小さい規模での工業や商業から、世界を相手にする大規模工業、商業へと変わっていきました。

 

 

 

すると、お父さん、お母さんの職場は、地元の地域ではなく、会社のある都会へと移ります

 

 

 

さらに少しでも会社に近いところが望ましいので、お父さん、お母さんは育った実家から出て行き、住宅街に一軒家を買ったり、アパートやマンションを借りたりします。

 

 

 

こうしてわが国では、現代の典型的家庭像である、「核家族」ができてきました。

 

 

 

第四章 「家族制度の変遷」が、あまりに急激に行われた現代日本

 

 

 

 

ところが、ここで大きな問題が発生します。

 

 

 

お見合いなり、恋愛なりを経て結婚した若い男女は、「核家族」で過ごした経験がないのです。

 

 

 

それまでは、隣近所の助け合いや、おじいちゃんやおばあちゃんの、経験から来る知恵により助けられていた彼らは、いきなり2人だけでの生活を営むことになるのです。

 

 

 

ですから彼らはもちろん、核家族を運営していく方法など、知るはずもありません。

 

 

 

彼らのお父さん、お母さんは、田舎に置いてきたので、もういちいち生活の知恵を教えてくれません。

 

 

 

また故郷では仲良くやっていた隣人ですが、都会のマンションでは、その人がどんな仕事をしているのかさえ、わかりません。

 

 

 

するともし、その若い夫婦に子どもでもできたら、仕方なく自己流で育てていくしかありません。

 

 

 

ですが、人というものは、自分がされたようにしか、他人にしてやれない存在です。

 

 

 

ならば核家族での生活経験がない彼らには、もちろん、核家族なりの、「子どもに対する愛情のあたえ方」など、わかるはずもありません。

 

 

 

これが欧米のケースでしたら、「地域社会」→「大家族」→「核家族」という共同体の変遷が、ゆっくりと自然なかたちでなされました。

 

 

 

ですから人は充分に、それぞれの家族形態への適応の仕方を、考える時間があったのです。

 

 

 

しかしわが国では、その変化があまりにも唐突で、かつ急激にやってきてしまったのです。

 

 

 

 

 

第五章 フリードリヒ2世による、赤ん坊を使った恐るべき実験の結果

 

 

 

ところで、私はえんえんと「わが国における家族形態の変遷」の話ばかりしていて、肝心の「自己嫌悪」の話題はどうなってるの、とあなたは思ってるかもしれません。

 

 

 

しかしながらこの点は、まさに「自己否定」につながる重要なポイントですので、少しガマンして、ついてきてもらいたいと思います。m(__)m

 

 

 

さて、私は第二章で、「愛のあり方」について、述べてきました。

 

 

 

その点を、思い出してください。

 

 

 

生物や社会にとって、“”はなぜ必要かと申せば、それは個体や個人が“”を帯びることによりはじめて、「ある共同体の一員」と、みなされるからです。

 

 

 

人や動物は、愛されることによってはじめて、「お前は、俺の子ども、われら仲間の一員」と承認と祝福をあたえられます。

 

 

 

こを逆に述べれば、生命は最初に無条件に“”をあたえられなければ、何者にもなれないということです。

 

 

 

なぜなら、生きていく上でのあらゆる方法や技能は、“”をもって教えられるからです。

 

 

 

これは、“本能”のある動物でさえ、そうなのです。

 

 

 

ならば、「本能が壊れた動物」である人間には、幼少期にはどれだけ“愛”が必要か、わかるはずです。

 

 

というのも、人間の社会は動物の生きる自然よりもはるかに複雑で、生きるのが大変だからです。

 

 

 

ここであなたには、「フリードリヒ2世の実験」をお教えします。

 

 

 

いまから800年ほど前のドイツに、フリードリヒ2世という王様がいました。

 

 

 

フリードリヒ2世は、あるときふと、こんな疑問を抱きました。

 

 

 

赤ん坊は、母親の胎内にいるときから、言葉を知っているのだろうか?」と。

 

 

 

そこで彼は、ある実験を行いました。

 

 

 

それは自分の部下たちの赤ん坊、50人を集め、生きていく上で必要な食事や入浴は提供するが、スキンシップ等の愛情は一切、あたえないというものです。

 

 

 

すると、いつからか子どもは、自然と言葉を発するようになるのでは、とフリードリヒ2世は思ったのです。

 

 

 

その結果はどうなったかと言えば、なんと50人の赤ん坊すべてが、1年以内に死亡してしまいました

 

 

 

この実験の結果から、人間とは、赤ん坊の時期から充分に親の愛を得なければ、社会性も身につけられずに死んでしまうということが、わかるでしょう。

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

 

 

 

 

 

第六章 「愛されなかったこと」が、あらゆる自己嫌悪の原点

 

 

 

 

ここまで述べたら、勘の鋭いあなたなら、私が言おうとしていることが、おぼろげにでも、わかってくるのではないでしょうか?

 

 

 

そう、あなたが自分を好きになれないのは、あなたが核家族の家庭で、核家族の親としての、子どもの愛し方を知らない両親に育てられたのが、根本的な原因です。

 

 

 

人は愛されなければ、他人を愛することはできません。

 

 

 

そしてもちろん、自分自身も愛せません。

 

 

 

さらには、人の愛し方さえも、わかりません。

 

 

 

ですから充分な親の愛情を得られなかったあなたは、フリードリッヒ2世の実験台にされた赤ん坊たちのように、死ぬことはなかった。

 

 

 

ですが「自分は、人から愛される価値のない人間だ」という思い込みが、あなたの脳内の深くにまで、刻まれているのです。

 

 

 

ならばあなたは、無意識のレベルで、さらに思います。

 

 

 

自分は価値のない人間だから、もちろん自分の愛にも価値はない」=「自分でも自分が、好きになれない」と。

 

 

 

だから、愛される」という、生きるにあたって重要なプロセスを省かれてしまうと、人は孤独に置かれ、不幸になります

 

 

 

またそうした人は、情緒不安定に陥り、それでも「生きている実感が欲しくて」、自傷癖に走ったりするのです。

 

 

 

ですが逆に、核家族でもそれなりに「子どもの愛し方」を知っている親に育てられれば、もちろん子どもは、そんなふうにはなりません。

 

 

 

これはあくまで一般論ですが、学校で少しくらいいじめられても、「自分は一人でない」と確信し、耐えることもできるでしょう。

 

 

 

あるいはたとえ三流大学卒でも、「そんなこと、自分のすべてではない。仕事で成果を出して、そんなハンディは軽く乗り越えてやる」と考えるでしょう。

 

 

 

また、不器用で運動神経ゼロであっても、そんな自分を受け入れてくれる両親がいれば、自分なりの長所を必死に探し、それが活かせる場所で生きようとするでしょう。

 

 

 

さらには容姿がいまいちでも、それだけでは落胆せず、自分の容姿に見合った幸せやパートナーを探すでしょう。

 

 

 

そのように、人生の初期に“”というエネルギーが充分に満たされた人は、一つや二つの自分の欠点など気にせず、自分にふさわしい生き方を目指します

 

 

 

そうして今度は、「自分が愛する番」となり、家庭を持って、自分が親にそうされたように、自分の子どもを愛するでしょう。

 

 

 

現に私のまわりでも、失礼ながら容姿はそれほど秀麗ではないが、だれとも気さくに打ち解けられる女性はいます。

 

 

 

また、中卒の低学歴でも、どんな人にでも物怖じせず、自由に生きている人もいます。

 

 

 

失礼ながらそうした点は、ちょっとしたことで自己嫌悪に陥り、その状態が慢性化しているあなたと、対照的なところです。

 

 

 

ただしそうは言っても、あなたはご自分の両親を、恨むべきではありません

 

なぜなら先述したとおり、人は自分がされたようにしか、人に対してできないからです。

 

 

もしあなたの両親が、あなたを愛さなかったとしても、それは彼らもまた、そのように育てられたか、あるいは「人を愛する」ということが、わからないでいるだけです。

 

 

 

人間とは動物と異なり、“理性”、“思考力”を持つ生き物です。

 

 

 

そしてこの能力を使えば、人間は「自分を、『自分の好きな自分』に創り変える」ことも、できるのです。

 

 

 

少なくとも私は、ここ30年は、そうして生きてきました。

 

 

 

そう思ってあなたは、「自分で自分を愛す術」を、学んでいただきたいと思います。

 

 

 

その方法論については、下記ページで述べています。

 

 

 

「自分が嫌い」を克服するカギは、他者や自分自身との関係のなかから、自分への信頼を獲得すること

 

 

 

 

どうぞ、参考にしてみてください。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

自己嫌悪に陥る人たちの原因は、「家庭内での、愛の欠乏」にあります。

 

 

 

決して、生まれつきや、後天的な経験のみで、そうなるのでは、ありません。

 

 

 

どうかあなたも、「自分で自分を愛する術」を、学んでいってもらいたいと思います。

 

 

 

こちらのページへ行くだけで、
いまだけ豪華特典を5点プレゼント中!!(≧∇≦)/

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

 

 

amazon kindle にて、amazon のアカウントさえ持っていれば、無料で入手可能の、私の電子書籍。

『2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版

 

メルマガ!!(*^^*)つ
自己紹介 ほんわか

みなさん、はじめましして。(*^^*)

 

ほんわかと申します。

 

私は現在は、雑誌ライターさんなどやってます。

 

成長過程での歪みにより、発達障害やアトピーを、50年近く患い、30年以上かけてほぼ完全に克服しました。

 

またその間に、高名な心療内科の医師や整体師につき、その教えを完全に自分のものにしました。

 

くわえてその過程で、多くの学問、健康法、整体術などを習得し、自分と同じような立場の人、200人ほどの相談に乗ってきました。

 

またネット上のものも含めると、これまでに私がアドバイスしてきた人は、1,000人以上に上ります。

 

ちなみにその成果として、下記のようなサイトも立ち上げています。(^^ゞ

 

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば
http://jinseitetsugaku.com/

 

この経験を、少しでも多くの人に役立ててもらおうと思い、当サイトを立てた次第です。

 

これからの厳しい時代、かつての私以上に弱い人でも生き残れる方法論を、どんどん発信していくつもりです。

 

また、そんな半生を送った私だけが知っている、生きたサバイバル情報を発信できるメルマガを、運営しています。

 

興味のある方は、下記よりご登録ください。

 

あなたを幸せな未来に導く、メルマガ登録はこちらから!! (≧▽≦)/

 

多くの、あなたの人生の指針となるプレゼントをご用意し、あなたをお待ちしております。

 

また私は、amazon から下記の書籍を発行しております。

 

『2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版
https://00m.in/VPGOr

 

amazon のアカウントさえ持っていれば、どなたでもダウンロードできますので、よろしければご一読ください!!\(^o^)/

 

 

応援を、よろしくお願いいたします!!(`・ω・´)ゞ

メルマガ!!(`・ω・´)9m
最近の投稿
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報