人見知りの正体とは、「警戒心の暴走状態」。自己防衛本能が、機能しすぎていること

はじめに

 

 

 

 

 

あなたは、だれとも簡単に打ち解け、仲良くなれるタイプの人ですか?

 

 

 

失礼ですが、もちろん違いますよね?(*^^*)

 

 

 

人に話しかけられるだけでビビってしまい、どうリアクションを取ろうか、必死に考えてやりすごしているでしょう?

 

 

 

じつは私も、いまから15年くらい前までは、そうだったんですよ。

 

 

 

だれよりも臆病でビビリで、他人という存在が怖かったんです。

 

 

 

なにしろ、お店で以前に勤めていたバイトの同僚を見かけると、あわてて店から出て行ってしまうほどの人見知りだったんです。

 

 

 

ですが、50歳になった現在では、私はすっかり変わりました。

 

 

 

ところがいまでは、どこかで知り合いに会ったら、自分から積極的に声をかけるほどです。

 

 

 

その間の私に、何があったのか?

 

 

 

私は別段、人見知り対策ばかりをして過ごしてきたのでは、ありませんよ。

 

 

 

ただ、自分の体質や気質を変えるトレーニングを続けていたら、自然とそうなったというだけの話です。

 

 

 

ですから、あなたがたとえ極度にシャイで人見知りで、他人と人間関係がうまく構築できないで悩んでいても、大丈夫。(^^♪

 

 

 

このページや下記ページに書いてあることの実践を続けるだけで、人見知りは解消されますよ。

 

人見知りを克服する具体的方法は、肉体からのさまざまなアプローチと、対人関係で緊張を抜くこと

 

 

 

それどころか、初対面の人と会うことさえ、楽しみになってきます。

 

 

 

では、私の人見知り改善講座を、いまから始めます。

 

 

 

このページではまず、「人見知り」とは、どういう状態にいる人を指すのかを、解説していきます。

 

 

お楽しみに!!(≧∇≦)/

 

 

 

 

第一章 そもそも「人見知り」とは、何を指すのか

 

 

 

 

 

まずここで、「人見知り」とはそもそもどういう状態を指すのか、考えてみたいと思います。

 

 

 

この点で言っておきたいのですが、はじめに人間には、「人見知り」という感情があるのでは、ありませんよ

 

 

 

そうではなく、「人見知り」とは、ある機能が極端で望ましくないかたちで、現れてきてしまった状態を指します。

 

 

 

さて、その性質とは、何でしょう?

 

 

 

それはズバリ「警戒心」です。

 

 

 

警戒心とは、もちろん人間だけが持つ感情では、ありません。

 

 

 

昆虫だとか、エビとかカニとか、かなり下等な動物にも、警戒心があります。

 

 

 

その点はあなたが、自宅でハエを叩こうとしても、スキを狙って一撃を加えるのが、めちゃむずかしいことからも、わかるでしょう。

 

 

 

ヤツはハエの分際でありながら、壁に貼りつき、ずっと動いていないようでいながら、まわりへの警戒心をゆるめません。

 

 

 

そしてあなたが、丸めた新聞紙で一撃を食らわせたと思ったら、とっくに逃げられていたという経験は、おありでしょう?

 

 

 

端的に述べると、あなたを悩ませている「人見知り」とは、この警戒心があなたにとって不利益なかたちで現れることを、指すのです

 

 

 

次章から、この点を見ていきましょう。

 

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

 

第二章 警戒心は、人間になくてはならない能力

 

 

 

 

 

まず、上の章からわかることは、動物にとって「警戒心」とは、決して不要なものではないということですよね?

 

 

 

だってですよ、もしあのハエが警戒心を持っていなければ、簡単にあなたの一撃でやられ、命を落としていたはずなのですから。

 

 

ていうか、飼いならされた犬ならともかく、野性の動物はみな、警戒心が激しいですよね?

 

 

 

たとえばピクニックで山に行った人が、知らずにクマのテリトリーに入ってしまって襲われたという話は、しょっちゅう耳にします。

 

 

 

それもそのはず、野性の生物はみな、警戒心をいつも持っていないと、いつ自分が他の動物に襲われ、食べられてしまうか、わからないからです。

 

 

 

この点から、まずは警戒心とは、動物なら当たり前に持っている本能だとわかります。

 

 

 

ところで人間は、動物とは異なり「理性」を持ち、自然ではなく「社会」に生きる生物です。

 

 

 

ですが人間は、感情面まで他の動物と異なるかといえば、まったくそんなことは、ありません

 

 

 

むしろ人間は、他の動物では類を見ないほど、豊かに感情や表情を持っています。

 

 

 

たとえば、「悲しくて泣く」とか、「面白くて笑う」とか、「ショックを受けて、唖然とする」とかです。

 

 

 

ですからもちろん、人間もまた動物同様に、「警戒心」もあります。

 

 

 

ところが前述したように、人間が生きるのは、「自然」ではなく「社会」です。

 

 

 

そこでは、急に他人に襲われて死ぬ、というようなことが少ない代わりに、そこで生きるにあたっては、多くのルールが存在します。

 

 

 

ですが人は、「社会」で生きるにあたっても、物事に対応するにあたり、感情を使う必要があります。

 

 

 

それは、「理性」だけでは追いつかない、というよりも、あらゆる理性的な行動にも、根底には「感情」があるということです。

 

 

 

たとえば、人がまじめに社会で合理的に働くにしても、その動機はお給料を得て、食べたいものを食べる、好きな人とデートする、等です。

 

 

 

ここを逆に言えば、人はおいしいものを食べ、好きな人と一緒にいたいからこそ、社会で理性や知性をを働かせながら、労働するともいえるでしょう。

 

 

 

ですから人は、社会で生きるにあたり、理性的で合理的に行動しなくてはいけないけど、その裏には、動物と変わらない感情があるということです。

 

 

 

さて、そこで「警戒心」ですが、まず野性の動物は「警戒心」を、自分が関わるものが、自分に害をもたらさないか、というかたちで使います。

 

 

 

一方、人間が生きるのは、何度も述べているように、人の集団である社会です。

 

 

 

ならば人間は「警戒心」を、おもに自分が相手にする他人に対して、働かせます

 

 

 

たとえば年ごろの女性でしたら、見知らぬ男がいきなり自分に声をかけてきたら、「ナンパ目的かな?」のように、警戒します。

 

 

 

また、お金持ちほど自分に近づく人間には、「自分の財産が目当てか?」と、注意を払います。

 

 

 

もし人に警戒心がなければ、美女は悪い男にいいようにされ、金持ちは詐欺グループに、資産をあるだけ奪われるでしょう。

 

 

 

ですから「警戒心」とは、元来はあって当たり前、というより、なければ困る能力なのです。

 

 

 

 

 

 

第三章 「人見知り」とは、警戒心が暴走した状態

 

 

 

 

 

ところが、警戒心が役立つのは、それが正しく機能している場合のみです。

 

 

 

それは、具体的には、どういう状況か?

 

 

 

たとえば本当に怪しくて、自分に害をもたらす他人に対してのみ、適切に働くときです。

 

 

それにより、自分は彼から距離を取る、逃げる準備をする、等のことができます。

 

 

 

そすうることにより人は、社会のなかで生きながらも、自分の財産や身の安全を守れるのです。

 

 

 

さて、お待たせしました。

 

 

 

ここからがこのページのテーマである、「人見知り」についての論述となります。(*^^*)

 

 

しかしながら、いわゆる「人見知り」の人は、その警戒心を特定の人物のみならず、どんな人にも向けてしまうのです。

 

 

 

あいつも怪しい、こいつも怪しい」で、だれをも信用できず、警戒心を暴走させる

 

 

 

その結果として、社会生活にまで影響をおよぼしてしまう。

 

 

 

それが、あなたのような「人見知り」という人たちの実情なのです。

 

 

 

たとえば、ロングセラーコミックである「ゴルゴ13」の主人公、デューク東郷は、作中で「なぜ、あなたは強いのか」と、ある少年に訊かれたことがあります。

 

 

 

そのとき東郷は、以下のように答えました。

 

 

 

俺がいままで生き残ったのは、ウサギのように臆病だからだ」と。

 

 

東郷にとっては、警戒心をフルに発動させながらも、そのストレスに耐えるココロの強さがあり、さらにその警戒の対象も適切だということでしょう。

 

 

 

だからこそ彼は、「自分の敵」を正しく判断できるし、どんな不意打ちにも対応できる

 

 

よって、刃の上を歩くような日常を、生き残れているのです。

 

 

 

ところが、あなたをはじめとする「人見知り」の人は、だれにも彼にも警戒心を向けるが、その対象は適切ではない

 

 

 

そうして、警戒心を働かせっぱなしの緊張感に満ちた日常では、ココロの休まるヒマがない

 

 

 

だからあなたは、いつも精神的に無意味に疲れているのです。

 

 

 

この点から言えることは、人見知りをなくすには、「警戒心」が正常に機能する状態にもっていけばいい、ということになります。

 

 

 

ではそれは、具体的にどんな方法があるのか?

 

 

 

それについては、下記ページにて、私の経験をもとに、脳レベルから説いていきます。(*^^*)

 

 

 

人はなぜ、「人見知り」のまま大人になるのか?私の経験から得た答えは、「脳の発育不良」

 

 

 

人見知りを克服する具体的方法は、肉体からのさまざまなアプローチと、対人関係で緊張を抜くこと

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

そもそも「人見知り」という性質は、「警戒心」から来ています。

 

 

 

というより、「警戒心」が適正な程度で働かず、暴走してしまうのが「人見知り」という性質を生むのです。

 

 

 

さらに「警戒心」という能力は、人間や生物が生きていく上で、欠かせないものです。

 

 

 

ならば、「人見知り」が激しい人というのは、警戒心のレベルを通常人程度に落とせば、解決されることになります。

 

 

 

下記のページへ行くだけで、
いまだけ豪華特典を5点プレゼント中!!(≧∇≦)/

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

 

amazon kindle にて、amazon のアカウントさえ持っていれば、無料で入手可能の、私の電子書籍。

2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版

メルマガ!!(*^^*)つ
自己紹介 ほんわか

みなさん、はじめましして。(*^^*)

 

ほんわかと申します。

 

私は現在は、雑誌ライターさんなどやってます。

 

成長過程での歪みにより、発達障害やアトピーを、50年近く患い、30年以上かけてほぼ完全に克服しました。

 

またその間に、高名な心療内科の医師や整体師につき、その教えを完全に自分のものにしました。

 

くわえてその過程で、多くの学問、健康法、整体術などを習得し、自分と同じような立場の人、200人ほどの相談に乗ってきました。

 

またネット上のものも含めると、これまでに私がアドバイスしてきた人は、1,000人以上に上ります。

 

ちなみにその成果として、下記のようなサイトも立ち上げています。(^^ゞ

 

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば
http://jinseitetsugaku.com/

 

この経験を、少しでも多くの人に役立ててもらおうと思い、当サイトを立てた次第です。

 

これからの厳しい時代、かつての私以上に弱い人でも生き残れる方法論を、どんどん発信していくつもりです。

 

また、そんな半生を送った私だけが知っている、生きたサバイバル情報を発信できるメルマガを、運営しています。

 

興味のある方は、下記よりご登録ください。

 

あなたを幸せな未来に導く、メルマガ登録はこちらから!! (≧▽≦)/

 

多くの、あなたの人生の指針となるプレゼントをご用意し、あなたをお待ちしております。

 

また私は、amazon から下記の書籍を発行しております。

 

『2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版
https://00m.in/VPGOr

 

amazon のアカウントさえ持っていれば、どなたでもダウンロードできますので、よろしければご一読ください!!\(^o^)/

 

 

応援を、よろしくお願いいたします!!(`・ω・´)ゞ

メルマガ!!(`・ω・´)9m
最近の投稿
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報