つねに「やる気」をもって生きられる人と、「やる気が出ない人」との差は、それまでに受けた愛情で決まる!

はじめに

 

 

 

 

いやはや、人間生きてるかぎり、つねに「やる気」を求められますね。(^^ゞ

 

 

 

もともとは超絶ナマケモノの私などは、これまでの人生で何百回、「オメー、やる気あんのか!( ゚Д゚)ゴルァ!!」と言われたか、わかりません。

 

 

 

ですが「やる気」とは、イヤな仕事を押しつけてくる上司を喜ばせるためではなく、自分の人生を、より良い方向で花開かせるためにも、必要なものです。

 

 

 

「やる気」があるのとないのとでは、人生における最終到達点は、決定的な差がついてしまいます。

 

 

 

とくにこれからの、国も会社もアテにはならない、個人のチカラだけが頼りの近未来にあっては。

 

 

 

そこでこのページでは、「やる気のある人」と、「そうでない人」とは、どう違うのかを、説いていきます。

 

 

お楽しみに!!(≧∇≦)/

 

 

 

 

第一章 人はなぜ、必要なことに対しても、「やる気」が起きないという現実にぶつかるのか

 

 

 

 

 

いつの時代でもわれわれが生きていく上で、さまざまな義務や責任が生じ、それをうまく遂行しなければ、社会的に立場が悪くなります。

 

 

 

また逆に、われわれの個人的な夢や希望も、それを行うにあたり、「やる気」をもって取り組むのとそうでないのとでは、結果がまるで違ってきます。

 

 

 

ならば、われわれはどんなことに対しても、「やる気」に満ちて対峙すれば、つねに良い結果が得られそうに思えます。

 

 

 

ところが実際は、そうはなりません。

 

 

 

たとえばサラリーマンでも、朝の出勤から「やる気ハツラツ」という人は、あまりお見かけしません。(´・ω・`)

 

 

 

それどころか、朝の駅のホームには、スーツを着た、死んだ目をしたおじさん、おばさんばかりが目立ちます。

 

 

 

ではどうして、こういうことになるのでしょう?

 

 

 

私はこれには、ある原因があると考えます。

 

 

 

この点について、自説を述べていきます。

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

第二章 「ポジティブに生きられる人」と「何事にも無気力な人」の違いとは

 

 

 

 

ではそもそも、「何事に対してもポジティブで、やる気に満ちている人」とは、どういう人でしょう?

 

 

 

 

これは端的に述べると、以下になります。

 

 

 

自分のやっていることに、“意味”を見出している。自分の行動が、自分自身や自分の家族や社会に対して、有益であることを確信している人」です。

 

 

 

人間とは個人的な意思を持ちつつも、社会的な存在です。

 

 

 

ですから、自分の行いが、自分の夢や目的に適っている、または社会的に人の役に立っていると思えれば、おのずと「自分のやること」にも、やる気が持てます。

 

 

 

そしてそういう人たちは、ほとんどが幼少期において、親や大人たちからの愛情を、充分に受けたという経験をしています。

 

 

 

つまり、「自分のやること」が他人に認められているからこそ、「他人や社会、そして自分自身のため、頑張ろう」と、自然に思えてくるのです。

 

 

 

だからこういう人たちは、学生時代から自分の打ち込めるものを見つけ、仲間たちを助けながら、自分の目的を達成しようとします。

 

 

 

そして大人になっても、そうした社会性や自主性を維持しているため、どんなことにも挑戦する意欲がわいてくるのです。

 

 

 

さて、ところが一方、「何事にもやる気のない人」とは、どんな人でしょう。

 

 

それはズバリ、「あなたや、かつての私のような人」です。

 

 

 

第一に「やる気の根源」とは、幼少期において受けた愛情にあるということは、前述しました。

 

 

 

ならば小さいころから、「親や大人にほめられたことがない」、「“愛情”がどういうものか、わからない」人は、どうなるか?

 

 

 

これは、「生きることそのものに、意欲がわかない」ことになります。

 

 

 

ですからもちろん、あなたやむかしの私のような人たちは、「社会で積極的に生きる」という気持ちさえ、抱けないようになります

 

 

 

なぜなら、「一生懸命、生きること」に対する報酬がイメージできず、「生きることそのもの」への関心が希薄になるからです。

 

 

 

 

第三章 「籠のなかの鳥」として育ち、未来がまったく見えなかった私の幼少期

 

 

 

 

 

この点は、まさに私の20歳くらいまでの人生そのもので、私は幼少期からの記憶をいまだに覚えているので、手に取るようにわかります。

 

 

 

私が育った家庭は、一見すると典型的な現代的核家族でしたが、実態は「機能不全家庭」でした。

 

 

 

子どもとは、犬猫とおなじように、放っておいても勝手に育つ」と信じている父。

 

 

 

子どもが苦労しないように、きちんとレールを敷いてやるのが、親の最大の務め」と確信し、私がやるべきことを、すべて先回りしてやってしまう母。

 

 

 

父の無関心さと、病弱だった私に全関心を向ける母への反発から、四六時中、不機嫌でヒステリックで暴力的だった姉。

 

 

 

私をめぐる家庭環境は、そんなものでした。(´・ω・`)

 

 

 

ですから私も、「積極的に生きる」ということが抽象的にしかわからず、実感をもって理解することが、どうしてもできませんでした。

 

 

 

よって私は、自分が生きている意味も、自分がしたいことも、なにひとつわからなかったのです。

 

 

 

もちろん、その歪んだ環境のまま、なにかを考えても、答えなど見つかるわけもありません。

 

 

 

これはあたかも、ずっと監獄に収監されている囚人が、「社会とは、何か?」と思考したところで、なにもわからないのと似ています。

 

 

 

また私は、幼少期のころからずっと、16歳以上になった自分が、まったくイメージできませんでした

 

 

 

その理由は、私がずっと檻のなかで飼われた鳥だったため、自分がいつか、社会という自然に放たれるということが、理解できなかったからです。

 

 

 

つまり私は、自分の社会における針路を問われ始めるくらいの年齢である、10代後半からの自分の人生に、まったく実感を持てなかったのです。

 

 

 

ですから幼いころの私は、「自分の未来」など考えられませんでしたし、それを想像すると怖くなるので、必死に脳内へと封印していました。

 

 

 

それでも当たり前ですが、時間が経てば私もそうした年齢に達します。

 

 

 

そしていざそうなったとき、私はいよいよ生きる意欲も意味も、持てなくなったのです。

 

 

その状態が怖くて、私はそのろから、いろんなことに手をつけることになります。

 

 

 

それは、海外留学や空手などでした。

 

 

 

私は、10代後半くらいから、海外留学をしたり空手を習ったりしましたが、もちろんそこで成果らしきものは、あまり得られませんでした。

 

 

 

なぜならまさに私の場合、それらは「やりたくて、やる気があってやる」のではなく、「自分探し」の一環でしかなかったからです。

 

 

 

ただし、空手や海外留学を通じて、「社会や人間関係とは、こういうもの。なにかに打ち込むとは、こういうこと」というイメージが得られました。

 

 

 

そしてこのことは後に、大きく私の人生を変革することになったのです。

 

 

 

その結果として私は、「そんな社会や人間たちのなかで、生きていくには、どうすればいいか」と必死に考え、プランを立て、いろんなことを実行することになります。

 

 

 

とかく重要なことは、あなたもかつての私同様、幼少期の私同様、「人生を生きる」ということに対し、やる気が起きないなら、対策が必要ということです。

 

 

 

そのためには、どうするか?

 

 

 

あなたはご両親からの愛情不足ゆえに、いまやる気が起きないでいる。

 

 

 

ならば、かつての私がそうだったように、あなたはご自身を二つに分裂するほか、ありません。

 

 

 

つまり、「自分にムチ打ち、励ます自分」と、「そんな自分の言うことに従い、がんばって自分を高める自分」とに、あなたは分かれる必要があります。

 

 

 

またあなたはそうするしか、幼少期から親からの愛情をたっぷり注がれ、生きることにやる気いっぱいの人には、対抗できません。

 

 

 

そう思い、とかくやってみてください。

 

 

 

その結果、あなたは恵まれた人と対等に闘えるどころか、彼を追い越すことさえ、できますから。

 

 

 

その具体的な方法については、下記を参考にしてください。

 

「やる気」を引き出す最善の方法は、自分が「したいこと」ではなく、「すべきこと」にフォーカスすること

 

 

 

どうしても「やる気」の起きない若者は、まずは読書で過去の偉人から、「生きる目的」を学べ!

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

何事においても、やる気のある人とそうでない人の差は、原則として、幼少期に親から、厳しくも愛情をもって育てられたか、そうでないかというところにあります。

 

 

 

ですが、これからの過酷な世の中において生き残るためには、とかくムリにでも、「やる気」を出すしかありません。

 

 

 

その方法は、自分自身を「指導者と生徒」に分裂させ、指導者の自分が命じることを、生徒の自分が一生懸命に実践していくことです。

 

 

 

そうすることで、あなたは愛情に恵まれ育った人以上に、成功することも可能です。

 

 

こちらのページへ行くだけで、
いまだけ豪華特典を5点プレゼント中!!(≧∇≦)/

https://nayamimuyou.net/メルマガ登録ページ

 

amazon kindle にて、amazon のアカウントさえ持っていれば、無料で入手可能の、私の電子書籍。

『2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版

メルマガ!!(*^^*)つ
自己紹介 ほんわか

みなさん、はじめましして。(*^^*)

 

ほんわかと申します。

 

私は現在は、雑誌ライターさんなどやってます。

 

成長過程での歪みにより、発達障害やアトピーを、50年近く患い、30年以上かけてほぼ完全に克服しました。

 

またその間に、高名な心療内科の医師や整体師につき、その教えを完全に自分のものにしました。

 

くわえてその過程で、多くの学問、健康法、整体術などを習得し、自分と同じような立場の人、200人ほどの相談に乗ってきました。

 

またネット上のものも含めると、これまでに私がアドバイスしてきた人は、1,000人以上に上ります。

 

ちなみにその成果として、下記のようなサイトも立ち上げています。(^^ゞ

 

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば
http://jinseitetsugaku.com/

 

この経験を、少しでも多くの人に役立ててもらおうと思い、当サイトを立てた次第です。

 

これからの厳しい時代、かつての私以上に弱い人でも生き残れる方法論を、どんどん発信していくつもりです。

 

また、そんな半生を送った私だけが知っている、生きたサバイバル情報を発信できるメルマガを、運営しています。

 

興味のある方は、下記よりご登録ください。

 

あなたを幸せな未来に導く、メルマガ登録はこちらから!! (≧▽≦)/

 

多くの、あなたの人生の指針となるプレゼントをご用意し、あなたをお待ちしております。

 

また私は、amazon から下記の書籍を発行しております。

 

『2025年から、若者の生活、労働はどう変わる? 歴史法則からの回答』 Kindle版
https://00m.in/VPGOr

 

amazon のアカウントさえ持っていれば、どなたでもダウンロードできますので、よろしければご一読ください!!\(^o^)/

 

 

応援を、よろしくお願いいたします!!(`・ω・´)ゞ

メルマガ!!(`・ω・´)9m
最近の投稿
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報